【大量画像】マツダCX-3(XDツーリング)の内装レビュー

スポンサー リンク
cx-3

こんにちは、水原車両販売の下間です。

今日紹介するクルマはマツダ『CX-3』。欧州車の雰囲気を漂わせるプレミアムコンパクトSUVです。グレードは3つあるうちの中間グレード「XDツーリング」。とはいえ、中間グレードとは思えない、質感の高さで驚きました。画像を交えてレビューしたいと思います。

 

内装(前席概観)

cx-3

cx-3

cx-3

CX-3の内装はかなり高め。シルバーやピアノブラックの加飾パネルや合成皮革をふんだんに使い、しかもそれがうるさくないように上品にまとめられています。

 

ダッシュボードに奥行きがありフロントガラスまで距離が取ってあるため、座ると前方に余裕があります。前席に座っていて狭いと感じることはないでしょう。ただダッシュボードが傾斜しているので、物を置くことはできません。収納スペースもドリンクホルダーとグローブボックスだけなので、荷物は後席に置くことになります。

 

内装(ドア)

cx-3

cx-3

ドアの作りもかなり複雑。肘置きのレッドの合成レザーが特に印象に残りました。写真だと伝わりにくいですが、同色ステッチが施されています。同じ色でも糸の凹凸によって立体感が生まれ、説得力をもたせています。

 

 

内装(助手席側)

cx-3

cx-3

座席のヒップポイントの高さはちょうどよく、乗り込みにくさは感じませんでした。グローブボックスが縦に傾斜しているので、膝周りにも余裕があります。

 

シートは合成皮革とジャージ素材のようなコンビネーションシート。やや硬めの作りですが、ホールド感も申し分なし。個人的にはもう少し座面が広いと良かったです。

 

cx-3

エアコンの吹き出し口だけでも、レッド、シルバー、ピアノブラックといった異素材が使われかなり凝っています。

 

内装(センター)

cx-3

外観重視のためか中央部分のエアコン吹き出し口は一つだけ。しかも目立たないように小さく作られています。

 

cx-3

cx-3

CX-3はカーナビなどをシフトレバー脇にあるコマンダーコントロールで操作します。日本ではカーナビに直接触れるタッチパネルが主流ですが、欧米ではこのコマンダーコントロールが主流です。

 

エアコンは全グレードでオートエアコンを採用しています。

 

内装(運転席)

cx-3

人馬一体を謳うマツダだけあって、運転席の作りは申し分なし。計器類などが運転の妨げにならない位置を配されています。

 

内装(後席)

cx-3

cx-3

後席シートの広さはそこそこ。外観を見たときに、「これは後ろが窮屈そうだな」という印象がありましたが、思ったより良かったです。私の身長は175cmですが、1時間程度なら問題ないでしょう。高速を使ったロングドライブとなると休憩が必要かもしれません。

 

確認は取れていないのですが、後部座席の座面の方が質感が高いような。ふわふわとした感触で座っていて、心地よさを感じました。この辺りが「思ったよりも良かった」という印象に繋がっていると思います。

 

以上、CX-3 XDツーリングの外装・内装レビューでした。

外装編はこちら→【大量画像】マツダCX-3(XDツーリング)の外装レビュー

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る