【大量画像】マツダCX-3(XDツーリング)の外装レビュー

スポンサー リンク
cx-3

こんにちは、水原車両販売の下間です。

 

今日紹介するクルマはマツダ『CX-3』。欧州車の雰囲気を漂わせるプレミアムコンパクトSUVです。グレードは3つあるうちの中間グレード「XDツーリング」。とはいえ、中間グレードとは思えない、質感の高さで驚きました。画像を交えてレビューしたいと思います。

 

外装(フロント部分)

cx-3

cx-3

 

デザインはマツダが提唱している「魂動デザイン」を採用。五角形のペンタゴングリルが印象的です。最近のクルマは居住スペースを大きく取るため、フロントが短くなりがち。

 

しかし、このCX-3をはじめとしたマツダ車はフロントがかなり長く取られています。それが他の国産メーカーにはない独特の雰囲気を作る要素になっています。

 

外装(サイド部分)

CX-3

SUVらしい無塗装フェンダーに、Cピラーはブラックアウト。サイドデザインはクロスオーバーSUVの流行を取り入れています。イメージカラーであるソウルレッドとブラックのコントラストが引き締まった印象を与えてくれます。ちなみにマツダのデザイナーさんはこれを「凛」と「艶」と表現していました。言い得て妙ですね。

 

 

外装(リア部分)

cx-3

cx-3

マツダの魂動デザインは「野生動物の躍動感」をイメージソースにしています。野生動物が後ろ足を蹴り出すことで駆動力を生み出すように、CX-3もリア部分にボリュームを持たせることで、今にも走り出しそうな力感があります。

 

CX-3

ちなみにCX-3は全グレードがクリーンディーゼル「Skyactive-D」搭載で、ガソリンエンジンは用意されていません。この辺りも心意気を感じます。

 

荷室

cx-3

CX-3

ハッチゲートを開けたところ。開口部は広く、下端も低いので荷物の出し入れは難しくありません。ただコンパクトSUVだけあって、あまり荷室は広くありませんね。2枚目の写真を見るとわかるようにリアシートを倒すことができるので、2人乗車でシートアレンジをすればラゲージを広く取れます。

 

CX-3

荷室の底は二重底になっています。

 

タイヤ&ホイール

cx-3

タイヤサイズは215/50R18です。アルミホイールは切削加工。

 

内装編に続きます

【大量画像】マツダCX-3(XDツーリング)の内装レビュー

 

 

新車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

 

水原車両販売ではダイハツをはじめ、
オールメーカーの新車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る