【大量画像】ムーヴキャンバスの外装を徹底レビュー【新潟展示車】

スポンサー リンク
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-15-07-39

水原車両販売、下間です。発売されたばかりのダイハツの新型車「ムーブキャンバス」。当店にも展示車がやってきました。そこで今回はこのムーブキャンバスを激写! 大量画像でエクステリアとインテリアを紹介します。

 

今回はまずエクステリアから。グレードは中間グレードのX、見た目にこだわったリミテッド仕様の「メイクアップSAⅡ」になります。カラーはパールホワイトⅢ×スムースグレーマイカメタリックの2トーン仕様です。車両価格は156万6000円。

 

フロント

ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

最近流行している2トーンカラーですが、ムーブキャンバスは屋根だけでなく、ボンネットまで色が降りてきています。レトロでかわいい雰囲気が今も人気の「フォルクスワーゲンT1」に少し似ています。キャンバスは「CAN(できる)」と「BUS(バス)」を組み合わせたネーミング。意識しているのは間違い無いでしょう。

 

wwbus1

(フォルクスワーゲンT1)

 

ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

「メイクアップSAⅡ」ではマルチリフレクターハロゲンヘッドランプとフォグランプを装備。フォグランプはメッキの加飾リングが施され、その下にメッキガーニッシュも装着しているのできらびやかな印象です。車の印象はフロントで決まるので、これくらいオシャレだといいですね。

 

サイド

ムーヴキャンバス

フォルムは居住性が優先した、四角四面のデザイン。これをやると印象がのっぺりしがちです。しかし、ツートンカラーのホワイトがベルトライン(ドアハンドルと窓の間)まで降りてきており、しかもボディ下端のサイドシルにもホワイトを使っています。フロント同様にメッキガーニッシュもあるので、見ていて退屈さがありません。

 

ムーヴキャンバス

機能にも注目すると、スライドドアは両側ともボタン一つで開くワンタッチオープン。スライドドアは意外と重いので、使ってみると便利なのがよくわかります。半ドア状態から自動でロックするオートクロージャー機能も搭載しています。フロアが低いので、乗り込みやすいのもグッド。

 

ムーヴキャンバス

「メイクアップSAⅡ」はボディカラーに合わせて、ホイールカバーも2トーン仕様。統一感があります。今回の展示車はグレーで落ち着いた雰囲気ですが、メインカラーであるミントグリーンだとポップで面白いと思います。

 

リア

ムーヴキャンバス

フロントやサイド同様、リアも2トーンカラー。ガーニッシュは少なめですが、リアガラスがブラックなので、やはりのっぺりとした印象は少なめ。

ムーヴキャンバス

バッグドアを開けたところ。ダンパーがサポートしてくれので、女性でも開閉に困ることは無いでしょう。閉じる時はちょっと高め。背の低い方は展示車などで試してみることをおすすめします。

 

ムーヴキャンバス

荷物スペースは旅行バッグが入るくらいの大きさ。大きな段ボールとかは難しいでしょう。ただ後席シートは24cmの超ロングスライドが可能なので、前に引けば大きな荷物でも積み込めます。

 

ムーヴキャンバス

荷室スペースは二重底になっており、背の高い観葉植物なども積み込めるようになっています。

 

 

ツイッターの反応を見てみると、

女性向けに作られたムーヴキャンバスですが、カラーによっては男性にも人気が出そうですね。ちなみに売れ行きは月間目標である5000台の、なんと4倍にもなる2万台。運転だけでなく、買い物や送迎といった使い勝手の良さに着目したのが人気の秘訣です。

 

以上、ムーヴキャンバスの外装レビューでした。次回は内装について紹介します。

 

現在ムーヴキャンバスを特集しています。合わせてご覧ください。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る