【大量画像】新型プリウス(Sツーリングセレクション)の外装を徹底レビュー

スポンサー リンク
プリウス

こんにちは水原車両販売、下間です。定期的にアップしている「気になるあのクルマの内装・外装レビュー」。今回は去年発売されて話題になった新型プリウスです。

 

新型プラットフォーム「TNGA」を採用した第1号車で、Eグレードの燃費は驚異の40km/L超え。ハイブリッドでは珍しい4WDも用意され、まさに死角なしといったトヨタの主力車種です。

 

今回のグレードはSツーリングセレクション。A、S、Eと3つあるグレードのうちの中間グレードです。ツーリングセレクションということで、合成皮革シートやアルミホイールなどを採用しなかなかの質感となっています。早速、見ていきましょう。

 

外装全体

プリウス

プリウス

プリウス

フロントマスクはトヨタの顔となっているキーンルック。いかつい印象です。リアにはツーリングセレクション専用バンパーが装着されています。

 

エクステリアデザインは、2代目から続くトライアングルシルエット。燃費追求のため徹底的に空力を意識しています。プリウス以降、低燃費をうたう車種はだいたいリアデザインがストンと落ちたデザインです。これだと車体後方で空気が渦を作らず、引っ張られないのだとか。

 

ちなみに空気抵抗値は0.24。世界でも2番目になる抵抗値です。(といってもテスラSモデルやベンツCクラスなど同順位のクルマが多いのですが)

 

 

プリウス

リアテールランプも縦に大きく攻めたデザインです。この独特な空力を追求しているそうです。トヨタはアクアでも、テールランプの形状を工夫してちょっとした話題になりました。

 

ボルテックスジェネレーター

(アクアのボルテックスジェネレーター。2つの突起がそうです)

 

アルミホイール

プリウス

Sツーリングセレクションは17インチアルミホイールを着用。アルミホイールですが樹脂加飾パーツがはめ込まれていて、一般のアルミホイールとは印象が異なります。デザイン性がコスト削減なのか。実物を見ると、若干プラスチッキーな印象がありました。

 

 

トランク周り

プリウス

ハッチゲートを開けた状態。実は今回エクステリアデザインで一番驚いたのがトランクの広さ。かなり奥行きがありますね。調べたところ、体感だけでなく実際に先代よりも拡大していました。

 

プリウス

 

ただし荷物が「入る」のと「入れやすいか」はまた別の話。4プリウスは横の張り出しが大きる、幅のある荷物だと積み込み時に引っかかるかもしれません。

 

これはサスペンションをトーションビーム方式から、ダブルウィッシュボーンに変更したため。ダブルウィッシュボーンは乗り心地にはプラスですか、機構が複雑で大きくなります。それがトランクの付近の張り出しを影響を与えているのではないでしょうか。

 

プリウス

プリウス

画像のクルマはトランクカバーも装備。トランクの底を開けると、ジャッキなどが格納されています。

 

次回は新型プリウスの内装を紹介します。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る