【大量画像】新型プリウス(Sツーリングセレクション)の内装を徹底レビュー

スポンサー リンク
プリウス

こんにちは、水原車両販売の下間です。前回に引き続き新型プリウスを画像で紹介していきます。今回は内装編です。

 

なお外装編はこちらになります。ぜひ合わせてご覧ください。
大量画像】新型プリウス(Sツーリングセレクション)の外装を徹底レビュー

 

今回のグレードはSツーリングセレクション。A、S、Eと3つあるグレードのうちの中間グレードです。ツーリングセレクションということで、合成皮革シートやアルミホイールなどを採用しなかなかの質感となっています。早速、見ていきましょう。

 

内装全体とインパネ

 

プリウス

プリウスのダッシュボードは水平基調。インパネは中央に配されています。運転席側のドアを開けたまま撮影したのですが、それを警告する表示がメーター部分に出ています。

 

プリウス

加飾パネルはナビ周りから左右に伸びるピアノブラックと、下部のオフホワイト。オフホワイトはステアリングにも採用されていますが若干、プラスチッキーな印象を受けました。ビニールにつつまれているのはシガーソケットではなくシフトレバーです。パーキングはボタン式。

 

プリウス

先代プリウスはセンターコンソールが大きく、運転席と助手席を分離していましたが新型は通常サイズに。作りも小物入れにドリンクホルダなど普通です。凹みはスマホを置く用途でしょうか。

 

運転席

プリウス

 

続いて運転席。ドアの内張りはかなり複雑。素材はハンドルがシルバー、ウィンドゥスイッチがピアノブラック、ひじかけが合成皮革とソフトパッドとなっています。質感は安くもなく、高くもなくといったところ。

 

プリウス

ステアリングは三本スポーク。Sツーリングセレクションは合成皮革を採用していますが、新開発の温度変化抑制を搭載。暑い夏や寒い冬にも握りやすいように作られています。

 

プリウス

プリウス

エンジンはブッュボタンスタート。サイドブレーキではなくフットブレーキを採用しています。

 

助手席

プリウス

続いて助手席。ドアの内張が複雑だと指摘しまししたが、閉めてみるとダッシュボードと繋がって「包まれている感じ」が出ます。助手席側の前方は奥行きがあって開放的。ただダッシュボードに丸みがあるので、物を置くことはできません。

 

シートは合成皮革を採用。背もたれも座面も分割されているのて、ホールド感は悪くありません。クッション性は柔らかいよりも、反発力があってしっかり座れるタイプです。

 

後席

プリウス

開口部は普通の大きさ。乗り込みに草は感じませんでした。ドアの内張りは前席に比べてシンプルな作り。

 

プリウス

先代までは後席の乗り心地がイマイチと言われていたプリウス。新型になって、しっかり改善されています。身長175cmの私が座って、天井に窮屈さを感じることはありませんでした。休憩なしのロングドライブてもなければ、問題はないでしょう。

 

プリウス

膝周りにも余裕があります。

 

プリウス

中央部は肘掛け&ドリンクホルダーになります。日本車らしい作り。

 

以上、プリウスの内装&外装レビューでした。トヨタが標榜する「良いクルマ作り」を体現するような、先代からの進化感じさせる内容でした。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る