【大量画像】N-ONE(Gグレード)の内装を徹底レビュー

スポンサー リンク
NONE

こんにちは、下間です。

 

毎回ご好評をいただいている外装、内装レビュー企画。今回はホンダの「N-ONE」になります。N-ONEはホンダの人気軽自動車Nシリーズのスポーツモデル。N-ONEだけが参加出来るワンメイクレースなども開催されている楽しいクルマです。

 

撮影したN-ONEのグレードはG・Aパッケージ。スタンダードのGグレードに「あんしんパッケージ」がついています。あんしんパッッケージは自動ブレーキ「シティブレーキアクティブシステム」と、衝突時に作動するサイドエアバック及びサイドカーテンエアバッグがなど先進安全装備の設定です。

 

新車価格は131万円。それではさっそく見ていきましょう。

 

なお外装はこちらになります。ぜひ合わせてご覧ください。
大量画像】N-ONE(Gグレード)の外装を徹底レビュー

 

内装(ダッシュボード)

NONE

ダッシュボードは軽自動車ではなかなかの質感。ブラック、モカ、モカ色の加飾パネルが使われています。エアパネル周りはつや消しのシルバーに、シフトレバー周辺はピアノブラックの加飾パネルを使っています。

 

乗り込んだ際の前方の奥行きはそこそこ。ダッシュボードの面積を広く取っているからでしょう。ダッシュボードを広く取ると、のっぺりして使いづらい場合が多いのですが、NONEは二段になっていて、ちょっとした時に物を置けるようになっています。(滑り止めや段差はないので過信は禁物ですが)

 

NONE

ただちょっとインパネは見づらさを感じました。黒基調で奥行きがあるせいでしょう。

 

NONE

ドアはいたってシンプル。モカと黒の2色使いに、メッキハンドルのみ。ソフトパッドなどは使われていません。

 

 

NONE

NONEは乗り込むとその良さがわかります。足元が広く、ダッシュボードの奥行きと合わせて開放感が感じられます。運転席からの視界も良好です。

 

 

NONE

シートの座面が広く取られています。人体に沿うようなフォルムで肩周りのホールド性はそこそこ。もう少し座面に傾斜があると、長時間座っていてもお尻がずれなかったと思います。真ん中の肘掛は可倒式です。

 

内装(後席シート)

NONE

軽自動車やコンパクトカーは前席の犠牲となって、後席が窮屈になりがち。しかしN-ONEは成人男性の私が座っても、足元や天井に余裕がありました。

 

通常、燃料タンクが置かれるのは後席シート下。その分だけ、着座位置が高くなり、窮屈になってしまいます。しかし、ホンダはセンタータンクレイアウトと言って、燃料タンクを前席下部に埋め込んでいます。これにより後席でも前席と変わらぬスペースを確保しています。

 

ちなみにNONEの後席は背もたれが倒れるだけでなく、座面を跳ね上げるシートアレンジも可能。扇風機や観葉植物といった背の高い荷物を詰め込めます。これもセンタータンクレイアウトのお陰です。

 

N-ONEは軽自動車でも「プレミアム軽」という位置付けです。実際に乗り込んでみると、派手な見た目だけではないのがよくわかります。以上、N-ONEの内装・外装レビューでした。

 

新車、話題車の内装・外装を続々レビュー

水原車両販売では、この他にも多くのクルマの内装、外装を画像付きで紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

内装・外装レビューシリーズ一覧

【軽自動車編】

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る