【大量画像あり】ハイゼットキャディの外装・内装を徹底レビュー

スポンサー リンク
ハイゼットキャディ画像

「ドデカク使おう」のキャッチコピーで人気のダイハツ・ウェイク。
その商用車仕様、ハイゼットキャディが水原車両販売にやってきました。

 

ウェイクといえば、やはりその収容力が最大の魅力。
ハイゼットキャディも全高1835mmのウルトラハイトワゴンを生かし、
生花、ベーカリーなど多様な積荷を積み込めこめるよう想定しています。

 

しかも、これまでの無機質だった軽バンとは異なり、
普通乗用車が源流にあるが故の愛らしさがあります。
今回はその魅力を余すことなく激写しました。
ぜひチェックしてみてください。

 

外装

ハイゼットキャディ画像

まずは正面から。
フロントガラスは大きく、見通しが抜群です。
信号に近寄りすぎても、見づらいことがありません。

 

 

ハイゼットキャディ画像

ハイゼットキャディ画像

グリルには自動ブレーキ用のカメラとセンサーを搭載。
軽自動車、しかも商用車にも先進安全装備がつく時代になりました。

 

ハイゼットキャディ画像

後部ドアは両側スライドドア。
商用車の場合、狭い路地での積み下ろしも想定しなくてはなりません。
左右どちらを壁につけても、荷物の積み下ろしができるのは大きな利点です。

 

 

ハイゼットキャディ画像

リアガラスもたっぷりとってあるので、見切りがいいです。
背が高いので死角が大きいのはマイナスですが、
バックモニターがあるので問題なし。
最近はバックモニター前提の作りも増えてきました。

 

 

ハイゼットキャディ画像

リヤコンビランプはシンプルな作り。

 

ハイゼットキャディ画像

リヤゲートを開いてみました。
商用車なのでシートは運転席と助手席のみ。
さすがの収容空間です。

 

フロアは汚れても拭き取りやすい樹脂製。

ハイゼットキャディ画像

運転席裏、助手席裏、そしてリヤゲート手前は床下収納スペース。
ウルトラハイトワゴンならではの深底を生かした設計です。

 

内装

ハイゼットキャディ画像

続いて内装。

 

ハイゼットキャディ画像

センターにエアコンとシフトレバーを集約。
いつものダイハツらしい作りです。

 

アイポイントも高く、小柄な女性などでも悠々と運転できます。
ミニバンやバスに乗っている感覚に似ています。

 

大きい車は運転しにくい。
そんなイメージがあるかもしれませんが、実は逆。
視線が高くなると、視界が広がるので運転がラクになります。

 

ハイゼットキャディ

メーターはくっきり視認しやすい作りになっています。
日中の撮影でしたが、写真でもはっきり映りました。
継続可能距離や燃費が出るのも商用車としてグッドです。

 

 

 

ハイゼットキャディ画像

商用車ならナビは必須アイテム。
液晶の大きさもまずまずです。

 

ハイゼットキャディ

ハイゼットキャディ

シートは若干の起伏があり、
滑り止めのメッシュ加工が施されています。
これがあるとないとでは疲労感が変わってくるので重要です。

 

以上、ウェイクの商用車仕様「ハイゼットキャディ」の画像集でした。
派手さはありませんか、使う人のことを考えたダイハツらしい車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る