【新型ハイゼットトラック】最新の画像で解説☆ダイハツの名車がフルモデルチェンジ【新潟】

スポンサー リンク
CIMG2430

~2014年 15年ぶりのフルモデルチェンジ~

   ダイハツ渾身の軽トラ登場

 

新型ハイゼットの画像多数で紹介

 

本日発表の新型ハイゼットトラックが早速ショールームにやってきました。
かねてより、発売時期に関しては多数の問い合わせを受けておりましたが、本日9/2からです。
大変お待たせしました。

 

ご覧のとおり、大分イメージは変わっております。本日ネットで新型の画像を探したのですが、さすがに全然見当たりません。
というわけで最新のハイゼットトラックの画像を沢山撮ったのでシェアしたいと思います。

マッチョな外観

 

まずは外装から

新型ハイゼット外装

 

なかなか迫力のある顔です・・・・続けます

 

 

singata

 

 

荷台の大きさは変わりないようですが、防錆能力がアップしてるようです。
ハイゼットの荷台の大きさは元々軽トラの中でも一番広い部類なので、そこは変更ないようですね。

新型ハイゼット2

 

新型の改善点としてはドアの開閉が、より広くなりました。
90°とまではいきませんが、ご覧のとおり、かなり広く開閉します。

 

そして、乗り入れスペースもかなり改善され、乗り降りがかなりラクにできます。

私も田んぼ仕事で軽トラはよく使いますが、
頻繁に乗ったり降りたりする事が多いので今回の改良はとても良いと思います。

 

書いていて欲しくなってきました(笑)

 

乗用車を意識した内装

 

さて、内装です。

 

新型ハイゼット3

 

 

左ドアミラーには視認性の悪い左下部もみえるように工夫がなされています。
収納スペースが前の型に比べ増えました。

さらにCDデッキまでついてます。オプションでナビモデルもあります。
新型8

 

シートも防水タイプで切れにくい材質です。

 

メーカーとしては、普段遣いにも耐えうる軽トラとして位置づけているようです。
乗用に近づいていくのでしょうか。今回15年ぶりのモデルチェンジとのことなので、次は少なくとも10年は現行のままで行くと思います。

次のモデルチェンジではどんなになるのか想像がつきません。

 

という訳で、入りたての新型ハイゼット。。写真をたくさん撮ったのでシェアしました。

少しはイメージが伝わったでしょうか?農家の皆様、オススメですよ♫

新型閉め

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る