【2016年版】200万円台で買えるオススメの実用車は?

スポンサー リンク
プリウス

前回に引き続き価格帯ごとのオススメ車を紹介します。

 

今回は200万円台のクラスです。
当然ながら100万円台よもグッと選択の幅が広がります。

 

エンジン車以外のハイブリッドやディーゼル、
カテゴリーもハッチバック、2BOX、SUV。
輸入車もBMWやベンツまで手が届きます。

さっそく見ていきましょう。

 

オススメ車種その1:VW ゴルフトレドライン

ゴルフトレンドライン

ゴルフはハッチバックのお手本のような存在です。
輸入車として初めて日本カーオブザイヤーを受賞しています。

 

発売からすでに3年経っていますが、
きめ細かいマイナーチェンジによって
その魅力は衰えるどころが増しています。

インテリアはワンランク上の仕上がり、
走りもアウトバーン育ちで不安要素がありません。
このクラスでは間違いなく、世界一バランスのとれた車と言えるでしょう。

 

価格:249万円

 

オススメ車種その2:プリウス

プリウス

プリウスはハイブリッドの代名詞的存在。
去年、新型4代目が発売されたばかりでタイミングも悪くありません。
燃費はJC08モード40,8km/Lと世界トップクラス。
3ナンバーセダンでありながら、
街中では軽自動車をしのぐ燃費をマークします。

 

オススメの理由は燃費だけでなく走りや乗り心地も向上した点にあります。
先代までは燃費のために走りや乗り心地が犠牲になっていた感がありました。
しかし4代目は新型プラットフォームの採用や足回りの強化を施し、
クルマとしての魅力そのものがアップしています。
「世界標準車」を目指すトヨタの威信が感じられる一台です。

 

価格:242万円〜

 

オススメ車種その3:スバル レヴォーグ

レヴォーグ

ステーションワゴンでオススメなのがレヴォーグ。

 

スバルといえば水平対向エンジンと4WDの組み合わせ。
操舵の反応が非常に正確。走りの楽しさが存分に味わえます。
4WDなので雪道なども安心です。

 

サイズは3ナンバーながら全幅を1800mmに収めているので、
街中でも取り回しに優れています。街中とスポーツ走行を
両立しているのが人気の理由でしょう。

 

そして忘れてならないのが先進安全装備「アイサイト」。
ステレオカメラによる認識は他者を圧倒し、夜間の人物などもしっかりと認識。
アイサイト搭載車は非搭載車と比べ事故件数が6割以上少ないなど、
客観的にその効果が証明されています。

スバルといえばひと昔前は割とマニアックな存在でした。
しかし今のスバルは優れた走行性能と先進安全装備で
多くの人に安心と安全を与えるクルマに変わりました。

 

価格:277万円〜

 

まとめ

 

以上、200万円台で買えるオススメ車種を紹介しました。
今回取り上げた3台はそれぞれ

  • 優等生のゴルフ
  • ハイブリッドのプリウス
  • 安心、安全のレヴォーグ

と考えるとそれぞれの特徴を把握しやすいと思います。
クルマ選びの目安にしてください。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る