アイサイトの実力は? スバルが事故発生件数を発表

スポンサー リンク
アイサイト3

 

スバルが2010年から2014年にかけての事故件数を発表しました。
アイサイト搭載車は非搭載車にと比べて、
「事故件数でおよそ6割減」「衝突事故で8割減」という結果になったそうです。

 

<スバル車の2010~2014年の事故件数>

スバルアイサイト

 

アイサイトはスバルが開発した先進安全装備の総称です。

  • 自動ブレーキをかける「プリクラッシュブレーキ」
  • 先行車に追従して速度を自動調節する「クルーズコントロール」
  • 高速道路などでステアリング操作をサポートする「アクティブレーンキープ」
  • 駐車場などで発進時の事故を防ぐ「AT誤発進抑制制御」

主にこの4つの機能からなります。

 

とはいえ、こうした機能自体はどこのメーカーも搭載しています。
たとえばトヨタならばセーフティセンス、ホンダならホンダセンシングといった感じです。

 

トヨタセーフティセンス

ホンダセンシング

 

ここで重要なのは、「具体的にどこまでカバーしているか?」です。

 

よく言われることですが、アイサイトは他社よりも突出して優れています。
アイサイト3の場合、ノーブレーキでも自動停止可能な速度は
対車両で時速50km、対人で時速35kmとなっています。

 

これに対し新型プリウスに搭載されているトヨタセーフティセンスPでは
対車両で時速40km、対人で時速30km。
いずれもアイサイトに軍配が上がります。

 

また最近はどのメーカーも歩行者検知をアピールしていますが、
これについても同様です。

 

他メーカーは昼間のみ検知可能で、
夜になると下半身だけが照らされる歩行者を検知できません。
一方、アイサイトは夜間の歩行者も検知できます。

 

アイサイト搭載車は国道交通省と自動車事故対策機構が実施する
予防安全性能アセスメントにおいて、全車種最高ランク「ASV+5」を獲得しています。

 

今回の事故件数はアイサイトver.2に関するデータです。
ver.2は前方に対する抑止能力しかありませんでした。
現在のver.3では後方に対する抑止能力も備えています。
今まで以上に事故を防いでくれるでしょう。

 

クルマに限らずテクノロジーはどこかが作れば、
他も横並びになろうとするのが普通です。
しかし、蓋を開けてみると意外と中身は異なります。

 

車を選ぶ基準は人それぞれですが、
「安全性だけ」に注目するのなら国産車ではスバルで間違いないでしょう。

 

〈アイサイト搭載車一覧〉

  • レガシィアウトバック
  • レガシィB4
  • レヴォーグ
  • WRX S4
  • エクシーガ クロスオーバー7
  • フォレスター
  • インプレッサスポーツ
  • インプレッサスポーツハイブリッド
  • インプレッサG4
  • XV
  • XVハイブリッド

 

新車を買うなら水原車輌販売で

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。徹底的にサービスします。

 

特にネット経由のご新規さまにはびっくりするような価格をご提案可能です。
新潟市近隣はもとより新潟近県、東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。

 

もちろん新車は保証付で全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

 

staff

新車販売担当:下間(しもつま)

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る