ウェイクの商用車「ハイゼットキャディ」の評価は? 特徴その1:乗り降りしやすい

スポンサー リンク
ハイゼットキャディ

「ドデカク使おう」のキャチコピーでキャンプやサイクリングなど
アウトドア趣向の方々に人気を博しているダイハツ「ウェイク」。

 

特筆すべきは何と言ってもその車高の高さ。
全高1835mmとウルトラハイトワゴン系でもダントツの数値です。

 

アウトドアには様々な「道具」がつきもの。
しかも、キャンプ用品や釣り用品、自転車などかさばるのが大半です。
それをらくらく積み込める収納力がウェイクの強みです。

 

ハイゼットキャディ

 

この抜群の収納力をアウトドアではなく、
商用車としてカスタマイズしたのが
今回発売される「ハイゼットキャディ」になります。

 

見た目は完全にウェイクですが、
商用車ということで「ハイゼット」の名前を使っています。

 

ハイゼットキャディのキャッチコピーは
「はたらく楽ラク」。

 

日本の労働環境が変化し、
女性やシニアの方が社会貢献をする現代。
「少しでも負担を減らせれば」というコンセプトで
キャディハイゼットは作られています。

 

ハイゼットキャディ

 

主な特徴は次の5つ

  • 乗り降り
  • 積み込み
  • あんしん
  • ドライブ
  • 清潔

特徴1:乗り降りのしやすさ

これまでの商用バンは「乗り降りのしにくい」
という難点にがありました。

商用バンは荷室を広げるために
エンジンをフロアの下に置くのが常識でした。

 

ハイゼットキャディ

 

しかしハイゼットキャディは乗用車と同じように
前に置くことで低いシートを実現。
小柄な女性でも無理なく乗り降りできます。

 

フラワーショップなど積載重量の少ない業種向けの
人と荷室空間を最適なバランスを追求しています。

 

これからはネット通販の小口配送も増えると言われています。
さっと降りて、荷物を渡し、またさっと乗る。
ハイゼットキャディはこうしたシーンで活躍するでしょう。

 

さらにオプションでは、

  • 電子カードキー
    スイッチ一つでドアの施錠が可能、
  • プッシュボタンスタート
    ボタンを押すだけでエンジンが始動、
  • オートライト
    周囲の明るさに応じてヘッドランプが自動点灯

など毎日の繰り返し作業をラクにする「省力パック」が選べます。

 

これまで商用車は「実用一点張り」が普通でした。
しかし、これからは女性やシニアの方向けに
ストレスフリーも考慮される時代です。

 

ハイゼットキャディはそんな新しい「働く」を提案しています。

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る