キャストアクティバの評価とおすすめグレードは? 街乗りとアウトドアを両立する軽SUV

スポンサー リンク
キャストアクティバ

ダイハツ・キャストは3種類を用意したことで話題になりました。上質志向のスタイル、スポーティ志向のスポーツ、そしてSUV志向のアクティバ。特に今回紹介するアクティバは、ハスラーから始まった軽SUVのトレンドに乗って最も人気があります。

 

SUVといってもガチガチのオフロードではなくクロスオーバータイプ。街乗りがメインで、海や山などアウトドアレジャーにも使える、という設定です。キャラクターもこれに合わせて、大型フォグランプ、 バンパーアンダーガード、無塗装樹脂フェンダーなど採用。名前通り活発なイメージです。

 

もちろんイメージだけでなく、他モデルより地上最低高が30mmアップされているなど差別化が図られています。サスペンションストロークも伸ばされており、雪道でも安心です。

 

キャストアクティバ

 

室内についても、申し分なし。シフトレバーをエアコンスイッチのあるセンタークラスターに収め、コンソールを廃止。運転席と助手席のウォークスルー性を高めたり、いろいろな箇所に収納スペースを作るなど使い勝手抜群。生活に密着したクルマ作りが得意なダイハツらしい内装となっています。

 

キャストアクティバ

 

個人的に気に入ったのはウィンカーの新機能です。通常の動作に加え、軽く触ると3回だけ点滅する「電子式ウィンカー」を採用。車線変更などでウィンカーを戻す作業が不要で、とても便利です。

 

そんなキャストアクティバのおすすめグレードはGターボ”SAⅡ”。キャストアクティバには4グレードが用意されていますか、ターボ搭載はこのグレードのみ。やはりターボは加速がパワフルで高速道路の巡行にも余裕が生まれます。レジャーとなれば遠出が前提になるので、ぜひとも欲しいところ。先進安全装備のスマートアシストⅡもついています。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る