クラウンアスリートⅡはダウンサイジングターボ車に! 燃費や発売時期は?

スポンサー リンク

ダウンサイジングターボのクラウンアスリートが登場?

 

トヨタの高級セダン「クラウン」。
クラウンアスリートはスポーツモデルとして位置づけられています。

 

そのクラウンアスリートから新型が発売されるそうです。
その名も「クラウンアスリートⅡ」。

 

現在のクラウンアスリートは2.5L/3.5LのV6DOHCエンジンと
ハイブリッドの2.5L、直4DOHCエンジンを搭載しています。

 

これがクラウンアスリートⅡでは新開発の2L直4ターボエンジン
に変更になるとのこと。いわゆるダウンサイジングターボですね。

 

最近のベンツEクラスやBMW5シリーズは2Lターボエンジンを搭載しています。
クラウンもこの世界のトレンドに乗った、と言えるでしょう。

 

s-002

 

(ベンツEクラス)

s-289438

(BMW5シリーズ)

 

しかし、今よりスペックが劣るのものにならないか心配ですね。
現在のクラウンアスリート2.5Lガソリンエンジンモデルのスペックは、
203PS/24.3kgm、燃費は11.4km/L。

 

これに対しクラウンアスリートⅡと同じ、
「8AR-FTS型 直4 2.0Lターボエンジン」を積んでいる
新型レクサスNX200tのスペックは238ps/35.7kgm、燃費は12.8km/L。

 

もちろん単純な比較はできませんが、
少なくとも現行モデルよりも劣るどころかパワーアップ、
燃費も向上するのではないでしょうか。

 

ライバルはスカイライン

 

そんなクラウンアスリートⅡのライバルになるのは
日産「スカイライン200GT-t」でしょう。

 

s-s-ni0

(スカイライン200GT-t)

 

こちらもやはり「2.5Lのスペックを2Lで実現する」
というダウンサイジングターボ車となっています。

 

 

スポーツセダンは今後、この二台が鎬を削ることになりそうですね。

 

クラウンにG’sモデルが登場

 

jif

(写真はMarkX G’s)

 

また、今回からクラウンにもG’sモデルも投入されるそうです。

 

G’sは「G Sports」の略でよりスポーツに特化した
トヨタのコンプリートカー的位置づけになります。

 

・専用対向4ポッドキャリパー
・専用チューニングサスペンション
・アンダーボディ剛性アップパーツ
・G’s専用オプティトロンメーター

 

といった装備が施され、よりスポーティなモデルになっています。
現在はヴィッツ、アクア、プリウス、ハリアー、マークXに用意。
価格は車種にもよりますが40万~60万円ほど上乗せになります。

 

「スポーツに乗りたい!でも実際に乗るとなると……」
そんな需要を満たす存在になりそうです。

 

気になる発売時期は?

 

クラウンアスリートⅡの発売時期は現在10月と噂されています。
価格は400~500万円という予想。

 

詳しい情報が入りしだい、またアップしたいと思います。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る