ザックスにビルシュタイン ダンパーにこだわる国産スポーツカーを紹介

スポンサー リンク
ストラット式サスペンション

 

最近話題に上るようになったサスペンションのダンパー。ダンパーはショックアブソーバーとも呼ばれ、ショックを減衰する役割があります。

 

サスペンションというとコイルスプリングがまずイメージとして浮かびますが、スプリングが衝撃を受け止め、ダンパーが衝撃を減衰するという仕組みで成り立っています。

 

こうした仕組みからダンパーは走行安定性や乗り心地に大きく影響します。最近はビルシュタインやザックスといった製造メーカーが指定されたダンパーを、オプションで選択できる車種が増えてきました。そこで今回はスポーツ仕様のダンパーを装着した最新車を紹介します。

 

スバルBRZ GT

BRZGT

BRZはトヨタとスバルが共同開発したFRスポーツカー。その最上級グレードである「GT」はザックス製サスペンションを標準装備。さらにブレンボ製ディスクブレーキも搭載。車両価格は331万5600円からとなっています。

 

トヨタ86

86ビッグマイナーチェンジ

上で紹介しているBRZのトヨタ版が86です。今年7月のマイナーチェンジでサスペンションチューニュングが変更されています。ザックス製ダンパーはオプションとして選択可能。オプシン価格は5万4000円です。

 

スバルレヴォーグGT-S

レヴォーグ

 

レヴォーグはスバルの人気ワゴン。1.6L、2.0LともにGT-Sグレードはビルシュタイン製ダンパーが標準装備されています。さらにコイルスプリング、ダンパーともにサスペンションの重要パーツであるサスペンションアームもアルミ鍛造です。車両価格は305万6400円から。

スバルレヴォーグSTIスポーツ

レヴォーグSTISport

 

STIスポーツはレヴォーグの最上級グレード。やはりビルシュタイン製ですが、こちらは専用チューニングが施された仕様。フロントサスはコンフォートバブルを内蔵した最新のダンプマチックⅡとなっています。車両価格は348万円~。

 

マツダロードスターRS

 

ロードスターはマツダのオープンカーです。最上級グレード「RS」にビルシュタイン製ダンパーが標準装備されています。さらに大型ディスクブレーキなども専用装備です。価格は319万6800円。

以上、ダンパーにこだわる最新スポーツカーでした。ちなみにサスペンションは後付けも可能ですが、パーツ代のほか5万円ほどの工賃がかかります。気になっている方はグレードやオプションの時点で選択するのをオススメします。

 

なお、下記の記事でサスペンション仕組みについて解説しています。合わせてご覧ください。

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る