スポンサー リンク

スズキ「スペーシアカスタムXSリミテッド」の評価は? 内装やシートアレンジについて詳細レビュー 【大量画像あり】

CIMG1828

水原車輛販売にやってきた展示車「スペーシアカスタムXSリミテッド」を徹底レビュー。後半は内装についてです。

スペーシアカスタムのシートは大胆にアレンジ可能で、フルフラットの居住スペースか、まるで商用車のような収納スペースまで作ることがきます。では、さっそくチェックして行きましょう。

運転席および助手席ドア

CIMG1836

 

かなり多くのパーツで構成されています。軽自動車でここまでパーツが多いのは珍しいのではないでしょうか。ドアハンドルもシルバーメッキ仕様です。アームレストも光沢がありますが、ややプラスチッキーかもしれません。

 

ポケットは上段と下段に分かれており、使い分けが可能になっています。上段に財布などを入れておくと、ドライブスルーの時にも便利そうです。

 

CIMG1845

 

アームレストには「く」の字型の凹みがあります。

 

CIMG1846

 

これは肘を置くための窪みです。高さも男性の私にちょうどいい位置です。

ミラココアも同様の作りになっていましたが、最近の軽自動車は乗る人のことをよく考えてあります。ちなみに腕の当たる部分は、柔らかく触り心地の良いソフトパッドになっています。良いですね。

 

センターコンソールおよびダッシュボード

CIMG1837

 

内装は黒が基調です。センターコンソールは二段構造。上段がナビとエアコン吹き出し口、下部がエアコン操作パネルとシフトノブになっています。最近よく見る配置です。エアコンはもちろんオートエアコンです。

 

吹き出し口のはシルバーの加飾が施されており、質感がアップしています。この辺りはさすがXSリミテッドという上級グレードだけあります。

 

CIMG1835

 

前回、フロントガラスとAピラーの間にあるゆとりについてしてきました。これを運転席見ると……

 

CIMG1842

 

こんな感じになります。よくピラーが邪魔で歩道がよく見えずに、歩行者や自転車を巻き込んでしまうという事故があります。でもこれなら心配なさそうです。

 

写真ではわかりにくいですが、ダッシュボードがめちゃくちゃ長いです。頭の位置からフロントガラスまでの距離が半端じゃありません。ちょっと空間の使い方がもったいない気もしますが、視界良好なのは間違いありません。安全運転にはバッチリです。

 

収納力の高い助手席

CIMG1850

 

助手席に座ってみました。ダッシュボードが傾斜せず垂直に作られているので、男性の私でも膝周りに余裕があります。また特筆すべきは、収納スペースです。

 

CIMG1852

 

全開にしてみました。グローブボックスの他に、二カ所も収納スペースがあります。これだけあれば小物をしまうのに困ることはないでしょう。ちなみに左の穴はドリンクホルダーです。

 

CIMG1894

 

ドリンクホルダーはかなり深く作られています。ここの作りが浅いと、クルマが揺れた時に倒れて中身がこぼれる恐れがあります。私は旧型のマーチで実際、それをやってしまいました。

 

幸い、ミネラルウォーターだったので大事には至りませんでしたが、コーヒーやジュースだったら目も当てられません。走行性能だけでく、こういうちょっとした気配りもクルマには大切です。

 

CIMG1839

 

ちなみに収納スペースは天井にもあります。

 

CIMG1840

 

サングラスなどを入れて使います。フォルクスワーゲンのゴルフにもこうしたボックスが据えつけられていました。欧米人は日本人に比べて色素が薄いのでサングラスは必須アイテムです。

 

多彩なアレンジが可能な後部座席

 

いよいよスペーシアの目玉、後席シートです。スペーシアは様々がシートアレンジが可能です。たとえば……

 

CIMG1869

 

前後を繋げたフルリクライニング。助手席のヘッドレストを外すのを忘れました(汗) これだけの広さがあれば足を投げ出して、ゆっくりと休憩できます。旅行等で疲れたときに重宝します。

 

CIMG1888

 

こうして背もたれも前倒しにできます。しかもそれどころか……

 

CIMG1886

 

シート自体をレッグスペースに落とすことができます。

 

CIMG1885

 

シートを残してある右と比べれば、貨物スペースとしての広さは一目瞭然です。商用車としても使えるかもしれません。また助手席も倒せば、サーフボードのような長尺物の積み込みも可能です。

 

CIMG1889

 

シートとしての使い勝手も上々。新幹線のシートのようなポケットだけでなく……

 

CIMG1896

 

ドリンクホルダーもあります。腕のあたる部分には、前席と同様ソフトパッドが当てられています。

 

CIMG1865

 

窓にあるツマミは引っ張ると、サンシェードがせり出してきます。家族旅行では「子供は後席で居眠り」というシーンは珍しくありません。夕暮れ時に差し込む西日をシャットアウトしてくれます。

 

CIMG1864

 

さい後日やや謎の作りの窓。スライドドア搭載の影響でしょうか。

 

まとめ

 

二回に渡ってスズキ「スペーシアカスタム XSリミテッド」の内装・外装について紹介しました。スペーシアという名に恥じない広々とした居住空間と、上級グレードならではの充実した装備です。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る