スポンサー リンク

スズキ「ワゴンR」の内装・外装を大量画像で紹介 その魅力を余すことなくお伝えします

CIMG2574

ワゴンRがやってきました

 

現在、水原車両販売にはワゴンRが展示中です。

 

軽自動車でも、いわゆる「ハイト系ワゴン」に
分類されるこのクルマ。

 

NBOXやムーブといった人気車がひしめくこのカテゴリーで、
定番と呼ばれるには理由があります。

 

それは「乗る人のことを考えた細かい作り」です。
今回は大量画像で使ってその内装、外装のレビューをします。

 

外装

 

CIMG2563

 

フロントグリルはヘッドライトと一体化。
その下のロワグリルもシンプルな作りとなっています。

 

CIMG2629

 

グリルの周囲にメッキガーニッシュを施してあるので、
そこまで安っぽくありません。

 

CIMG2630

 

フロントを横から撮影しました。
驚くほどコンパクトなエンジンルームです。
このお陰で室内に余裕ができます。

 

技術の進歩は凄いですね。

 

CIMG2565

 

サイドもいたってシンプル。
ハイト系ワゴンでは珍しくスライドドアではありません。

 

前後のドアとも大きく開くので、
荷物の積み下ろしなどで困ることはないでしょう。

 

CIMG2570

 

リアはハッチゲートです。

 

CIMG2577

 

ゲートを支えるダンパーはやや硬めのセッティング。
しっかり仕事をしてくれるので、女性でも簡単に開けられます。

 

CIMG2606

 

開けるとこんな感じです。
後部シートは左右独立してスライドさせらさます。

 

さらにレバーひとつでシートアレンジも可能。
シートを倒せば、大きなラゲージに変わります。

 

CIMG2607

 

内装

 

CIMG2580

 

開口部が広く、乗り降りが非常にラクです。

 

CIMG2581

 

助手席からみた内装全体です。
色調は白と黒のツートン。形状は横基調になっています。

 

CIMG2587 CIMG2588

 

センターは上部がエアコン吹き出し口。
下部がエアコン操作パネルとシフトレバーの構成です。

 

CIMG2585

 

座るとわかりますが、余計な情報がありません。
ドライバーは運転だけに集中できます。
それでいてインパネの作りは凝っています。

 

助手席も同じくシンプル。

CIMG2590

CIMG2591

ただアッパーボックスにグローブボックス、
中央にはオープントレイとドリンクホルダーと収納性は良いです。

 

CIMG2631

 

 

シートのクッション性も悪くありません。
運転席と助手席に若干の起伏があり、サポート性を高めています。
フロントはベンチシート。中央にアームレストがあります。

 

CIMG2589

 

運転席と助手席の床はフラットで、移動も簡単。
壁際にギリギリにクルマを停めても、反対のドアから出られます。
この辺りも「普段使い」をよく考えています。

 

後部座席の空間も十分。
空間は頭上、胸元、膝周り、足元、
どの部分でも余裕が感じられます。

 

一度触れればその魅力がわかる

 

ワゴンRは「ラグジュアリー」や「プレミアム感」とは無縁です。
シルバーやメッキといった加飾も必要最低限。

 

それは価格帯(FXグレードは1144800円)から見ても仕方ありません。
でも一度座れば、魅力を感じられるはず。

 

「買い物や子供の送り迎えには、これで十分だ」
過度にプレミア感を演出するのではなく、実用性を意識したクルマ。
それがこのワゴンRです。

 

ぜひ一度、ご覧になって欲しいと思います。

 

新車の購入は水原車両販売へ

 

水原車両販売ではスズキをはじめ、
オールメーカーの新車を取り扱っています。

 

自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る