スズキの新型アルトラパンを徹底解剖!! 大量画像で内装・外装を細かく紹介

スポンサー リンク
CIMG3232

現在、水原車輛販売ではスズキの新車が展示されています。
なかでも注目はフルモデルチェンジを行ったばかりのアルトとアルトラパン。

前回のアルトに引き続き、
今回はアルトラパンの外装・内装について
大量画像で細かいところまでチェックしていきます。

 

ちなみにグレードはX、カラーはコフレピンクパールメタリックになります。

 

カワイイだけじゃない外装

 

CIMG3231

CIMG3229

CIMG3227

 

まずは外装について。
アルトラパンは箱型の形状ながら、カドを丸くすることで温かみを表現。
ヘッドランプやドアミラーも丸みを帯びています。

 

しかし、ただそれだけで終わらないのが、
アーチモールがブラックが採用されているところ。

 

アーチモールとはタイヤ周りなどのボディ下部を指します。
ここに黒を使うことで、ただカワイイだけでなく、
「引き締まった」印象を見る人に与えます。

 

もちろん女性がターゲットということで、
「カワイさ」にもぬかりはありません。

 

CIMG3277

CIMG3276

CIMG3275

 

フロント部分中央にはウサギのシンボル、
ホイールは花びらをモチーフにしたデザインに。

 

またサイド部分は割と低い位置にウエストラインが敷かれ、
全体的に低めのデザインになっています。

 

背が高いクルマばかりになってきた昨今、
新鮮な印象がありますね。

 

部屋をモチーフにした内装

 

CIMG3240

CIMG3247

CIMG3241

CIMG3238

 

アルトは攻撃的な外装に比べて、内装はそつのないシンプル作りでした。
しかしアルトラパンは内装もコンセプチュアルなものになっています。

 

アルトラパンの内装のテーマはずばり「部屋」。

 

ダッシュボードは引き出しのある机、
ナビはフォトフレーム、
速度計は丸形の置き時計、
シートはソファのような雰囲気をもたせています。

 

単に部屋を模して作っただけでなく、
ドアの内張りとシートの生地を同じものにする、
スピーカーの穴を箱型形状にするなど、
作りこみの細かさも見逃せません。

 

CIMG3237

CIMG3245

CIMG3250

 

他にも買い物袋をかけるフックや、
化粧直しに使えるバニティミラーなど、
女性に嬉しい機能がたくさんあります。

 

「こういうクルマを作ろう」という着想から、
ユーザーが実際に乗る際の使い勝手までをトータルに作り上げる。
最近のスズキのクルマは作りは見ていて、思わず応援したくなってきます。

 

後部座席とラゲッジスペース

 

CIMG3256

CIMG3259

CIMG3261

 

アルトの後部座席は成人男性の私が乗ると、若干窮屈でした。
しかし、アルトラパンにはそれがありません。

 

前席も含め乗り降りもしやすく作られています。
ヒップポイント(お尻の位置)が高くつくられており、
腰や膝の移動も少なくなっています。

 

男性の私はもちろんですが、
スカートをはかれる女性には嬉しい配慮ですね。

 

CIMG3262

CIMG3264

 

CIMG3266

CIMG3269

 

後部座席は左右独立して、倒すことが可能。
ラゲージスペースを用途に応じて広くできます。

またラゲージスペース以外にも様々な場所に
収納スペースが用意されており小物類が多くても不便がありません。

 

この辺りは先に出たアルトよりも上ですね。
価格が40万円近く違うので、やはりその質感も作り込みも
プラスされています。

 

男の私でも思わず「欲しい」と思わされる一台です。

 

新車、話題車の内装・外装を続々レビュー

水原車両販売では、この他にも多くのクルマの内装、外装を画像付きで紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

内装・外装レビューシリーズ一覧

【軽自動車編】

 

新車を買うなら水原車輌販売で

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。徹底的にサービスします。
特にネット経由のご新規さまにはびっくりするような価格をご提案可能です。

新潟市近隣はもとより新潟近県、東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。

もちろん新車は保証付で全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

staff

新車販売担当:下間(しもつま)

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る