スズキの新型SUV「iM-4」の燃費や販売時期は? SHVSやデュアルジェットエンジンを搭載したスイフトのSUVバージョン

スポンサー リンク
hohdd

スズキのコンセプトカー「iM-4」のデザインは?

 

スズキが2015のジュネーブショーで新型スイフトのSUVバージョンと思われるコンセプトカー「iM-4」を発表しました。さっそく画像を見てみましょう。

 

8c

joijf

 

フロントデザインはエスクード、リヤデザインの角張った感じは新型のアルトっぽいですね。跳ね上がったCピラーが特徴的です。

 

エスクードは今日のSUVの走りとも言えるクルマですが、やはりスイフトはスズキの主力車種です。「スイフトのSUVバージョン」と言った方が馴染みやすいのかもしれません。

 

新型ハイブリッドシステム「SHVS」

 

joiff

 

このiM-4は新型のハイブリッドシステム「SHVS」を搭載しています。SHVSはいわゆるマイルドハイブリッドに該当します。ハイブリッドシステムはエンジンとモーターがどれくらいの割合で働くかで、3種に分けられます。

 

たとえばプリウスはシリーズ方式といってエンジンを使わずモーターだけで走る「EV走行」が可能です。これに対し、マイルドハイブリッドはモーターをエンジンの補助として使います。

 

スズキワゴンRの「S-エネチャージ」はそのマイルドハイブリッドタイプです。なのでこのSHVSはS-エネチャージの後継技術と考えて良いでしょう。スズキによるとSHVSは「ISG」というモーター機能付き発電機によって、モーターアシストと回生発電を行います。

 

ブレーキ時の回生力を使ってモーターで発電。その電気をリチウムイオンバッテリーに充電。貯めた電気をエアコンやヘッドライトといった電装品やモーターアシストに利用する。モーターが発電とエンジンサポートの二役を兼ねるタイプです。

 

ちなみに最近は2モーターハイブリッドといって、これをそれぞれ別のモーターに機能させるクルマもあります。ホンダのア
コードハイブリッドがその代表例です。

 

燃費性能の高いデュアルジェットエンジン

 

fjiosd

 

ちなみにこの「iM-4」にはスイフトと同じデュアルジェットエンジンを積まれています。デュアルジェットエンジンはスズキが2013年にスズキが新開発したエンジンで、1気筒に2本のインジェクターを装備。インジェクターはエンジン内に燃料を噴射する装置で、これを2本にすることで燃焼効率を向上させています。

 

このデュアルジェットエンジンを搭載している現行のスイフトの燃費は26.4km/L。旧グレードが21.8km/Lだったので、20%以上の燃費向上です。これは1.2L以上のガゾリンエンジンではトップの燃費性能です。

 

さらにこのiM-4は次世代の軽量プラットフォーム「TNGA」を採用しています。軽いというのは燃費改善、安全性向上など多くの面でメリットがありますが、スズキは特にこの分野では他者に抜きんでています。

 

新型ハイブリッドSHVS、デュアルジェットエンジン、軽量プラットフォーム。この3つを備えた「iM-4」の燃費は35.0km/Lを目指しています。小型SYVで、しかも4WDだというのだから驚きの低燃費です。

 

販売時期は?

 

スズキはiM-4の販売時期を2016年秋にとしています。とはいえ、まだコンセプトカーの段階です。スズキはコンセプトカーの時点では魅力的なのに、それが製品化されるとその個性が消えてしまうことがあるようです。

 

現在売れているSUVといえば、日産「ジューク」やトヨタ「ヴェゼル」です。これらはサイズ的にはBセグメントに該当します。iM-4のサイズは全長3,693mm×全幅1,709mm×全高1,566mmとなっており、それよりも小さいAセグメントです。ヨーロッパ市場を意識しているのかもしれません。

 

jioff

ojodf

 

コンパクトカーとしての要件も兼ね備えたiM-4。スズキの新たな主力車種になるのでしょうか?

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る