スバル「インプレッサスポーツハイブリッド」の評価は? 専用装備満載で単なるHV車以上のスポーツハッチバック

スポンサー リンク
im1

インプレッサスポーツハイブリッドがいよいよ発売!!

XV HVに続くスバルのハイブリッド第2段、
それがインプレッサスポーツハイブリッドです。

 

7月10日に発売されたばかりのこのクルマ、
どんな内容になっているのでしょうか?
早速、見てみましょう。

 

まずは基本スペックから。
乗車定員は5名、
価格は250万5600円~、
排気量2リットル、駆動系式は全車4WDとなっています。

 

また日産のレーダーブレーキサポートと並んで
評価の高いアイサイトのVer.2を搭載しており、
予防安全評価で最高ランクを取得しています。

 

外観&内装

 

im2

im3

im4

 

見た目はまるで、WRX STIのようです。

 

今回のハイブリッド仕様は、

・艶黒グリル
・フロントバンパー
・フォグランプカバー、
・サイドシルスポイラー
・フェンダーアーチモール
・LEDリアコンビランプ
・リアバンパースカート

といった専用エクステリアを装備。
ガソリン車モデルとは一線を画した外観となっています。

 
im5
im6

 

またインテリアにはブルーメタリックのインパネ加飾や、
常時発光式ブルー照明メーター、ブルーステッチ入りのシート(グレード別)など使用。

 

青基調とした質感の高いインテリアとなっています。

 

ステアングは本革、フロントシートは低反発クッションを採用し
乗り心地の面も強化。

 

ただうしランク容量だけはガソリン車モデルから
40リットル少ない340リットルに減少。
これはモーターを積む以上、致し方ありません。

 

気になるパワートレインは?

 

肝心のパワートレインはというと得意の水平対向エンジンに、
モーターを補助として使うシステムとなっています。
system_img01

 

水平対向エンジンは左右の重量バランスに優れています。
重たいバッテリーを重心に近いトランスミッション部に内蔵、
左右対称、低重心のメリットは損なわれていません。

 

このシステムは「XV HV」をより進化させたもので、
回生頻度を高め燃費は20.0km/Lから20.4km/Lに向上しています。

 
boxer_img02

 

改良されたハイブリッドリニアトロニックはフリクションを低減、
トルクコンバーターの液体特性を変更することでCVTならではの加速フィールと、
6速マニュアルモード時のスポーティなシフトチェンジに磨きをかけています。

 

 

他にも遮音材や吸音材の追加、ハイブリッド専用の
液体封入エンジンマウントの採用により低振動、低騒音を図るなど、
単なるハイブリッドモデル以上の意気込みが感じられる内容となっています。

 

ガソリン車グレードに比べ21万から25万円ほど高額ですが、
ハイブリッド専用パーツまで考えるとその価値は十分あるのではないでしょうか。

 

新車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

 

水原車両販売ではダイハツをはじめ、
オールメーカーの新車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます

新車販売担当:下間(しもつま)まで

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る