セレナがフルモデルチェンジ 注目は自動運転機能「パイロットドライブ」

スポンサー リンク
新型セレナ

 

セレナのフルモデルチェンジ情報が入ってきました。

 

ミニバンは日本車でも最もホットなカテゴリーです。
トヨタのアルファード、ノア、シエンタ。
ホンダのオデッセイ、ステップワゴン、フリード。

 

各社がモデルチェンジを行い、
現行セレナでは燃費や装備の面で
どうしても見劣りするようになっていました。

 

その新型セレナのイメージ画像がこちら

 

新型セレナ

 

ミニバンのデザインは近年、
どのメーカーもアグレッシブな傾向にあります。
セレナもご多分にもれず、強気の顔だちです。

 

一番に目を引くのはヘッドライトでしょう。
上下に分割したような目立つ作りです。
このタイプはエルグランドでも採用していますね。

 

当初発売になるのは、直列4気筒2Lエンジンモデルのみ。
しかし、注目は半年遅れで投入されるといわれている
ハイブリッドモデルです。

 

現行セレナにも、ハイブリッドモデルをラインナップされています。
しかし、それはバッテリーに回生エネルギーを蓄積する
マイルドハイブリッドにすぎません。

 

それに対し新型セレナはストロングハイブリッド。
しかも電気自動車リーフと同じモーターを搭載するそうです。

 

日産リーフ

(日産の電気自動車リーフ)

 

エンジンこそ1.2L(79PS)と小型ですが、
この強力なモーターがEV走行時間を増やし、
燃費も向上させています。

 

気になる新型セレナハイブリッドの燃費は
JC08モードで24.0km/L。

 

ハイブリッド車で比較すると、
トヨタのノア/ヴォクターの燃費が23.8km/L、
ホンダのフリードが21.6km/Lです。
かなりの低燃費と言えるでしょう。

 

さらに新型セレナには
自動運転機能「パイロットドライブ1.0」が搭載されます。

 

パイロットドライブ

 

パイロッドドライブは高速道路の単独レーンに限り、
アクセルとブレーキを自動で制御し、ハンドル操作も行う行う機能です。

 

高速道路のみで、しかも車線変更には対応できないのは残念ですが、
いよいよ一般車にも自動運転が来たか、という感じです。

 

ミニバンは家族の乗り物。
レジャーなど長距離ドライブの機会も多く
高速道路限定でも役立つシーンがあるのではないでしょうか。

 

新型セレナの発売は今年夏の予定。
価格は300万円程度と予想されています。

 

新車を買うなら水原車輌販売で

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。徹底的にサービスします。

 

特にネット経由のご新規さまにはびっくりするような価格をご提案可能です。
新潟市近隣はもとより新潟近県、東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。

 

もちろん新車は保証付で全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

 

staff

新車販売担当:下間(しもつま)

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る