【ウェイク】オレンジの画像大量☆ L”SA”グレードの外装を詳細レビュー

スポンサー リンク
CIMG2178

8月限定スペシャル企画
日本一安いウェイク☆限定1台

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水原車両販売にウェイクの展示車が登場!

 

水原車両販売にダイハツ「ウェイク」の展示車が搬入されました。グレードはL”SA”です。

 

今回もさっそく内装や外装についてレビューしていきます。まずは外装からです。

 

「四角」で構成されたフロント部分

CIMG2107

 

ウェイクは内装、外装を含めて全体が「角ばった」フォルムになっています。フロントもヘッドライトやグリルなどが四角で構成されています。

 

CIMG2108

 

L”SA”グレードはLEDヘッドランプを標準装備。LEDランプは通常のハロゲンランプは反応速度が速く、トンネルなどの急な点灯で力を発揮します。また低電力でエコなのは、家庭用照明と同様です。

 

CIMG2110

 

ただしフォグランプはオプションとなっています。このグレードだとプラスチックで蓋をしている感じがしてちょっと安っぽいかもしれません。

 

ウェイクは箱型の形状をしています。しかし、その角は丸みを帯びているので、そこまでいかつくありません。これは日産の「キューブ」と同様のつくりです。キューブも室内空間を確保するために箱型になっていました。

 

しかし、ただ箱型にするだけだと「バス」みたいになって、ちょっと格好悪くなってしまいます。そこでカドに丸みをもたせて女性人気のつかむ事ができました。下の画像がキューブです。

hjkhff

 

よく似た形になっています。ただ、キューブは普通車のコンパクトカー、ウェイクは軽自動車です。軽自動車はサイズが限られているのでより空間を確保するため、フロント部分が詰まっています。

 

CIMG2174

 

フロントガラスのワイパー部分です。ワイパーが格納部分に抉るようにもぐり込んでいます。少しでも室内を広くするため、最近の軽自動車はこの形状をよく見かけます。

 

サイド部分:ワンタッチオープンスライドドアとタイヤについて

CIMG2180

 

続いて側面です。真横から撮影できれば良かったのですが、スペースが足りず。

 

側面は後方のリヤクオーターガラスだけが、他のドアガラスと高さが違います。ちょっと印象的です。あと何気にリヤスポイラーがついています。

 

CIMG2123

 

ウェイクの後部ドアは両面スライドドアです。特に左側面はワンタッチオープン機能といって、ボタン一つで自動で開閉します。お母さんが赤ん坊を抱えながら、ラクラク乗せられる。たとえば、そんな使い方が想定されています。

もちろん自分でハンドルを引いて開け閉めすることも可能です。

 

CIMG2171

 

L”SA”はスチールホイールとタイヤカバーになっています。アルミホイールはオプションです。

 

CIMG2172

タイヤサイズは155/65R14。14インチです。ちなみに最上級グレードのGだと15インチです。

 

リヤ部分:天井代わりにもなる大型ハッチゲート

CIMG2113

 

最後はリヤ部分です。やはりボディ、リヤウィンドウ、テールランプ、バックライトランプが四角で構成されています。

 

CIMG2130

 

ハッチゲートを開けてみました。完全に直角まで持ち上がって天井代わりになります。

 

ウェイクには様々なオプションパーツが用意されており、このハッチゲートにつける専用のカーテンなどがあります。海や山などで、一目を気にせず着替えることができます。

 

CIMG2132

 

ハッチゲートの裏にはランプまでついています。レジャーとなると朝早く、まだ薄暗い時間帯に荷物を積む事も珍しくありません。そういった時に手元が明るいと作業がはかどります。

 

他にも「夜釣りの後、釣った魚を積み込む」といった使い方も想定されています。ウェイクはスズキの遊べる軽「ハスラー」に対抗して作られたと言われています。

 

そのため様々な道具を積み込み、またそれを使用する際に役立つように考え設計されています。釣りやキャンプやトレッキング、サーフィン。さまざまなレジャーに対応できる軽、それがウェイクです。

 

次回はこのウェイクの内装に迫ります。ウェイクはその多彩なシートアレンジが魅力です。その魅力を余すことなく大量画像で紹介していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月限定スペシャル企画

日本一安いウェイク☆限定1台

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る