ダイハツ新型車CAST ACTIVA(キャストアクティバ)の詳細は? 内装、外装、燃費など大量画像で徹底レビュー

スポンサー リンク
s-IMG_6010

9月9日発表の新型車の情報をキャッチ

 

ダイハツが新型モデル「キャスト」を発表しました。
キャストの一番の特徴は3タイプ用意されていること。
見た目だけでなく、車高や内装にも違いがあります。

 

これまで軽自動車といえば実用重視でしたが、
ここにきてデザインや個性のあるものが求められるようになりました。
スズキのハスラーやダイハツのNBOXスラッシュなどがその典型でしょう。

 

今回のキャストもそうしたニーズに応えた形になっており、

 

・クロスオーバーSUV志向の「ACTIVA(アクティバ)」
・クラシック志向の「STYLE(スタイル)」
・スポーティ志向の「SPORTS(スポーツ)」

 

というよバリエーションが用意されています。

 

今回はこの中からクロスオーバーSUVタイプの
「ACTIVA(アクティバ)」についてネットにあった
豊富な画像をもとに解説していきます。

 

なお内容はG”SA2″グレードのものとなっています。
また発売時に変更があるかもしれせまん。ご了承ください。

 

ダイハツCAST  ACTIVAエクステリア画像

 

s-IMG_6011

IMG_6013

IMG_6012

 

クロスオーバーSUVは山道や雪道を走破できるSUVに
都会的なデザインを取り入れたものを指します。

 

ホンダのヴェゼルやマツダのCX-5、
軽自動車だと前述したスズキのハスラーがこのテイストを取り入れています。
キャストACTIVAはこの流行に合わせたものと言えるでしょう。

 

s01_b_c08

(ホンダ・ヴェゼル)

index

(スズキ・ハスラー)

 

上の画像を見てもわかるように、
外観はハスラーをかなり意識したものになっています。

 

IMG_6022

IMG_6023

 

 

カラーバリエーションもスプラッシュブルーメタリック、トニコオレンジメタリックを用意、
さらにスズキのSUV車「SX4 S-CROSS」のカラーリングに近いものもあります。
いま人気のルーフの色が異なる2トーンスタイルも豊富です。

 

IMG_6016

 

地上最低高はハスラーと同じ180mm、
軽自動車としては大サイズの15インチタイヤを履いています。

 

さらに、

・片輪がぬかるみや滑りやすい路面などで空転した際に、
反対側のタイヤに駆動力を伝える「グリップサポート制御」。
・滑りやすい下り坂などでスイッチひとつで
自動ブレーキをかける「ダウンヒルアシストコントロール」。

 

の2つのシステムを搭載。
単なる見た目だけでなく、実際に雪道や山道に強い
SUVライクな走りが期待できそうです。

 

キャストアクティバ、インテリア画像

 

IMG_6018

 

次はインテリアを見てみましょう。
キャストはインテリアもタイプごとにデザインが異なります。

 

たとえばACTIVAはウィング調パネルでパーソナル感を強調、
STYLEでは水平調パネルで室内全体を部屋のように作り上げています。

 

ACTIVAの特徴は一言で表すならスポーティ。

 

タッチパネルやエアコン吹き出し口などに
最近のマツダ車のようなヨーロッパテイストが感じられます。
これにあわせて自発光式メーターに長い指針を使っていたりと、
細かいところまで気を配ったことがうかがえます。

 

もうひとつ注目なのがシートです。

 

IMG_6020

 

後部座席は不明ですが
前席はシルバーとスエード調を組み合わせたフルファブリックシートを採用。
のっぺりとした一枚の背もたれではなく、上背部と下背部、両腕と4つに
分かれておりフィット感が期待できます。

 

コペンといった特別スポーティを意識したクルマなら別ですが、
ここまでシートがきちんとしているクルマは珍しいですね。

 

ちなみにインテリアにはオプションとして、
ブルーとオレンジのガーニッシュが用意されています。
これにより外観と合わせられるようになっています。

 

IMG_6021

 

気になる燃費は?

 

さて、そんなCAST ACTIVAの気になる燃費は
2WD車が30.0km/L、4WD車が26.8km/Lとなっています。

 

ターボ車の場合は、
2WD車が27.0km/L、4WD車が25.0km/L

 

特にNA車2WDの場合、取得税重量税ともに免税。
さらに軽自動車税は50%。
純粋なガソリン車としてはかなりお得です。

 

キャストアクティバは以前あった、
ダイハツ車「テリオスキッド」の後継的存在とも言えます。

 

随所にガンメタリック塗装を使った力強い質感から、
RVテイストを求める方にはピッタリの一台ではないでしょうか。

 

次回はラクジュアリー感を前面に押し出した
CAST STYLEを解説します。ご期待ください。

 

<CAST ACTIVA(2WD)主要諸元>
全長3395mm
全幅1475mm
全高1530mm
ホイールベース2455mm
重量840kg
排気量658cc
最大出力52PS(ターボ車は64PS)
最大トルク6.1kgm(ターボ車は9.4kgm)
トランスミッション:CVT

 

ダイハツ新車を買うなら水原車輌販売で

 

staff

 

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。徹底的にサービスします。
当店はダイハツの販売店として長い実績があり、ダイハツは最も得意とするメーカーです。

 

特にネット経由のご新規さまにはびっくりするような価格をご提案可能です。
新潟市近隣はもとより新潟近県、東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。
もちろん新車は保証付で全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る