トヨタ・ハリアーの評価は? 300万円台で買えるお値打ちプレミアムSUV

スポンサー リンク
トヨタハリアー

ハリアー概要

もともとはレクサスRXの国内仕様として始まったハリアー。現行モデルは日本専用車となり「高級SUVのエントリーモデル」として定着してきました。欧米の趣味嗜好を考慮しない「日本人が好きなSUV」を体現し、人気を博しています。

 

ハリアーのサイズは全長×全幅×全高=4720×1835×1690ホミリ。ホイールベースは初代よりも短縮されました。しかし、室内空間や使い勝手はむしろ向上しています。技術の進歩による高効率パッケージの賜物です。車格は高級感に直結しますが、オーバーハングをたっぷり取っているので、安っぽさはありません。

 

内装に関しても日本人に趣向にあったデザイン。ピアノブラックやガラスパネルなど光沢の強いガーニッシュに、気配りの効いた親切装備が満載。格子ステッチの標準シートに、レクサスでも使われているステッチ入りのレザー風ダッシュボードと乗り出し価格300万円台前半とは思えない質感です。

 

画像一覧

トヨタハリアー

トヨタハリアー

トヨタハリアー

トヨタハリアー

 

おすすめグレードは?

 

走りはどのクラスでも快適。欲を言えばFFと4WDを電子制御で切りかえるダイナミックトルクコントロール4WDが欲しいところですが、「価格以上の質感」というコストパフォーマンスが魅力のハリアー。FF 2.0L車(279万〜369万円)から選ぶと良いでしょう。

 

中でもおすすめなのがプレミアムグレード(313万円7143円)。シートに上級ファブリックと合成皮革の複合素材を使用。周囲の状況に合わせ自動で切り替わるオートハイビームも装備しています。

 

ただ素の状態だと先進安全装備「プリクラッシュセーフティ」がついていないので、これだけはオプションで選択しましょう。レーダーやカメラを使った自動ブレーキは過信こそ禁物ですが、事故を防ぐというデータが実際に上がっています。先進安全装備はこれから買うなら必須の機能です。

 

以上、トヨタの価格以上のプレミアムが手に入るSUV、ハリアーについてでした。ホンダ・ヴェゼル、日産・エクストレイルと並んでトップ3の人気車になっているのもうなずける一台です。

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る