トヨタ86がマイナーチェンジ 変更点は?

スポンサー リンク
86

走りが主眼のマイナーチェンジ

スバルとトヨタの共同開発で生まれたスポーツカー「86/BRZ」。スバルは毎年のようにマイナーチェンジを行う「年次改良」というスタンスが特徴ですか、トヨタ86もスポーツカーとしての鮮度も保つべく毎年のようにマイナーチェンジが行われてきました。

 

しかし、今回のマイナーチェンジはこれまで以上に大きな変更が施されました。現在、トヨタは「もっと良いクルマ作り」をテーマとして、様々なレースに参加。レースで培った経験や技術は、一般車両のレベルも底上げしてくれます。

 

この86は世界最大の草レース「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」などの経験をフィードバックしており、主に走りのブラッシュアップが主眼となっています。では、実際にどんなところが変更されたのか一つ一つ見ていきましょう。

 

エンジン

86

引用元

 

86はスバル謹製の水平対向4気筒DOHCエンジンを採用。MCでは吸排気系が改良され、低回転域のトルクを引き上げられたほか、出力は200PSから207PSへ、トルクは20.9kgmから21.6kgmにアップしています。MT仕様では最終減速比も下げられ、いろいろなシーンで高回転を楽しめるようになりました。

 

ボディ剛性と足まわり

今回のMCではモノコックボディに剛性がアップする「スポット溶接」を増しうち。エンジンルームのV型プレースパー取り付け部、センタートンネル、Cピラーなど施されたほか、特にリア部分は板厚も変更され強化されています。

 

足まわりはリアホイールハウス、ダンパー構造、減衰力の変更なと、全面的に変更されました。さらにGTグレードではザックス製ショックアブソーバーを設定し、ハンドリングと乗り心地を向上させました。

 

86

引用元

 

 

スタイル

86

引用元

エクステリアはフロントノーズを低くし、グリル開口部を広く取りました。またバンパー中央部にフィン形状にすることで、空力性能を高めています。

 

86

リアスポイラーもウィングタイプに変更されました。これも見た目だけでなく空力を意識してのこと。やはり走りのブラッシュアップが主眼です。

 

86

引用元

ヘッドランプとリヤコンビランプがLED化されたのも注目点。こちらは全グレード標準装備です。

 

インテリア

86

インテリアではマルチインフォメーションディスプレイを新採用。ラップタイムを計測できるストップウォチや、前後左右のGを記録できるGモニターを表示できます。

 

エンジンからハンドリングまであらゆる面で進化した86。価格は約262万〜325万円です。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能です。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る