トヨタC-HRの評価は? レースとシティを融合した新感覚クロスオーバーSUV

スポンサー リンク
C-HR

レーシング要素を取り入れた新しいSUV

 

今年のジュネーブショーで量産車が世界初公開となったC-HR。

 

大ヒット中のプリウスに続く、
新プラットフォームTNGA採用第2弾となる
コンパクトSUVで巷では「プリウスSUV」という異名でも呼ばれています。

 

注目は世界最大級の草レース「ニュルブリクリンク24時間」に参戦した点。
最近流行しているクロスオーバーSUVといえば、
ラフロードとシティのクロスオーバーが普通です。

それをレーシング要素を取り入れているところに、
ニュージャンルのクロスオーバーを感じさせます。

 

外観&内装

 

C-HR

C-HR

C-HR

 

C-HRが提唱するスタイルは「センシュアル スピードクロス」です。
SUVらしいマッシブなフットワークに
スピード感を感じさせるボディを組み合わせています。

 

外観はクーペ風SUVを取り入れています。
Cピラーのブラックアウト化して、
リアドアのアウターハンドルを目立たないようにするのは
ホンダのクーペ風SUVヴェゼルなどでおなじみの手法です。

 

フロントマスクについてはトヨタらしいキーンルック。
つり上がったヘッドライトに、台形型のロウアーグリル。
キーンルックは時にやりすぎ感が出ることもありますが、
SUVというキャラクターには似合っているのではないでしょうか。

 

C-HR

C-HR

 

内装は「走り」を意識しているだけあってドライバー主体の作り。
ハイテク機能をシックなデザインの中にうまく収めています。
コンパクトクラスで斬新な試みです。

 

メカニズム

 

公開されているパワトレーンは次の3種。

  • 1.8L ガソリンハイブリッド
  • 1.2L ガソリンターボ
  • 2.0L ガソリンエンジン

ハイブリッドとガソリン車はFFとCVTの設定のみ。
ターボ車は6MTと4WD仕様も用意されるとのこと。

 

TNGA第1弾のプリウスはその性能を「燃費」に振り分けました。
このCH-Rは「走り」に重点を置いています。

 

C-HR

(ニュル24時間に参戦したC-HR)

 

以上からメインになるのはターボ車でしょう。
ただ日本のマーケットではハイブリッドでなくては
勝負にならないという状況もあります。

 

実際にどちらが選ばれるかは、
トヨタの意向通りにはならないかもしれません。

 

C-HRの2017年のグローバル展開に先駆け、
年内発売になる予定です。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る