ノートがビッグマイナーチェンジでシリーズ方式ハイブリッドを導入 気になる燃費や価格は?

スポンサー リンク
ノートハイブリッド

日産のコンパクトカー「ノート」が
今年10月にビッグマイナーチェンジを実施します。

 

注目はハイブリッドモデルの追加。
しかも完全シリーズ方式となるそうです。

 

ハイブリッドには大きく分けて4種類あります。

 

  • パラレル方式
    エンジンが主体で、発進時や加速時にモーターがアシスト。
    ホンダ「フリード」などが採用。

 

  • シリーズパラレル方式
    エンジンとモーターがどちらも動力源になる。
    発進時はモーターのみで走行し、高速巡航になるとエンジンが始動。
    EV走行も可能。
    トヨタ「プリウス」などが採用。

 

  • シリーズ方式
    エンジンは発電のみ、走行は全てモーターで行う。
    ほぼ電気自動車に近い。
    量産されたケースは日本にはなく、
    海外だとシボレーが「ボルト」を発売。

 

シボレーボルト

(シボレー・ボルト)

 

ハイブリッドカーにおいて問題になるのがバッテリーです。
モーターの比重が大きくなればなるほど、
多くの電気を必要としバッテリーが重く大きくなります。
そして、それは人間の居住スペースの圧迫に繋がります。

 

しかしこのノートは、
1.2L直3エンジンを100%発電に回すことで
電気を蓄えず発電しながら走る仕組み。
最小限のバッテリーしか搭載していません。

 

電気自動車の場合は、
バッテリーとモーターしかありません。
そのため専用スタンドや家庭用電源が必要です。
走行距離にも限界があります。

 

これに対しシリーズ方式は、
エンジンなのでガソリンが燃料です。
これまでのクルマと同じように扱えます。

 

ちなみにモーターはリーフのシステムを採用。
短い距離の街乗りだけならリーフ、
遠出することもあるならノート。
そんなユーザーの目的に合わせた提案ができる
ラインナップを意識したのではないでしょうか。

 

気になるノートの燃費は
JC08モードで37.2km/L程度と予想されています。

 

これは新型プリウスの中心グレードと同じレベルです。
燃費だけを考えればプリウス一択だったハイブリッド車に
他の選択肢が生まれることになるかもしれません。

 

ノートハイブリッドの価格は250万円程度。
これに補助金がついて実質は200万円ほど。
プリウスの最低グレードが240万円なので、
スペックだけ見れば視野に入ってきます。

 

なお、このシリーズ方式ハイブリッドは
前回解説した新型セレナにも導入されるとのこと。

 

新型セレナの詳しい記事はこちら
セレナがフルモデルチェンジ 注目は自動運転機能「パイロットドライブ」

 

これまで実験的に培った電気自動車の技術を
ミニバンやコンパクトカーに応用し、
クルマ業界に新風を吹き込めるのか。
日産の動向から目が離せません。

 

新車を買うなら水原車輌販売で

 

国産オールメーカーから輸入車まで、
幅広く取り扱っております。

 

特にネット経由のご新規さまには
びっくりするような価格をご提案可能です。

 

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。

 

徹底的にサービスします。

 

新潟市近隣はもとより新潟近県、
東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。

 

最近ではありがたいことに関西よりの県まで
新車を納めさせていただきました。

 

もちろん新車は保証付。
全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

 

 

staff

新車販売担当:下間(しもつま)

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る