フィットの評価やオススメグレードは? コンパクトカーなのに広々車内の人気車を徹底レビュー

スポンサー リンク
794645

コンパクトカーの定番ホンダ「フィット」

フィットと言えば、コンパクトカーの代名詞。
3代目である現行モデルは様々な改良が加えられ、
割安な価格で充実した機能を持つ定番車となっています。

 

そんなフィットの特徴と言えば、やはり室内の広さです。

 

78956131

 

センタータンクレイアウトで驚きの居住スペースを実現

 

そんなフィットの特徴と言えば、やはり室内の広さです。
フィットはセンタータンクレイアウトと言って、
燃料タンクを座席の下に設置しています。

 

46846

 

本来燃料タンクは後部座席付近に設置するので、
その分後ろが狭くなってしまいます。

 

しかし、フィットはこの技術のおかげで
コンパクトカーとしては驚くほどの広さが確保しています。

 

ちなみにこの後部座席は多彩なシートアレンジが可能です。
はね上げれば、観葉植物など背の高い荷物を、
前に倒せば後ろの荷室がさらに大きくなります。

 

4946

 

こうしたシートの操作はワンアクションで行えます。
シート自体の質もクラスとしては良いものを使っており、
大人が4人乗っても、そう窮屈ではありません。

 

人を乗せて良し、荷物を乗せて良し。
こうしたパッケージングを「センタータンクレイアウト」という
技術によって実現するのはさすがホンダです。

 

実用性の高い前席部分・ダッシュボード

 

後ろの席を解説したので、次には前席について。

 

フィットのダッシュボードやインパネ周りは
とても扱いやすいものになっています。

 

489461313

 

パッと見ただけで、どこに何があるかわかるボタン、パネル類。
運転席のスイッチやレバーも高い位置に配置され、
扱いやすくなっています。

 

水原車両販売でもこの車を扱ったことがありますが、
シートの質にも注目ですね。

 

フィットのシートは上級車種に使われているものをベースにしており、
ホールド感がありつつ、肩周りには余裕があります。

 

ただ一つ気になるのは、
オートエアコンの操作がタッチパネルであることです。

 

7894

 

iphoneなどもそうですが、タッチパネルは当然凸凹がありません。
感触で操作感をつかめないので、
車を走らせながらエアコン操作がやりにくいのです。

 

確かには見た目はオシャレかもしれませんが、
個人的にはボタン操作にして欲しかったと思います。

 

しかし、それを除けばとても実用性の高い内装です。
その割に、外観のデザインが先進的なのもポイントですね。

 

11457

 

使い勝手を考えると室内は広くなり、自然と背が高くなります。
それがバスのようなやぼったさの原因になるのですが、
フィットは背が低めに作られています。

 

これも先述したセンタータンクレイアウトのお陰です。
フィットの燃料タンクは超薄型に作られています。
なので低重心な車体になっているのです。

 

流線型のスポーティなデザインは、
年配の方にはやや抵抗があるかもしれませんが、
男女ともに受け入れやすいデザインになっています。

 

89456113

 

ちなみに1525mmという全高は立体駐車場に停められる高さです。
この辺りもよく考えられています。

 

フィットのオススメグレードは?

 

そんなフィットのオススメグレードは13G・Fパッケージです。

 

1.5Lグレードも用意されていますが、
コンパクトカーの用途として1.3Lで十分でしょう。

 

Fパッケージには紹介した多彩なシートアレンジが
可能なウルトラシート、フルオートエアコンを搭載。

 

またUV(紫外線)カットだけでなく、
IR(遮熱)機能のあるガラスを装備しています。

 

78614112

 

機能、装備、価格の三拍子揃ったグレードとなっています。

 

中古車のお求めは水原車両販売へ

 

今回紹介したフィットも中古車もたくさん出回っております。

 

水原車両販売はオールメーカーの中古車を取り扱っています。
全国40のオークションネットワークから仕入れおこない、
格安の業者相場で購入できます。

 

自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
クルマ一筋40年、1万台以上の車検・整備を行ってきました。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
興味のある方は是非とも当社にご相談ください。
もちろん近県の方のご来店もお待ちしています。

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る