フォルクスワーゲンSUV「ティグアン」の評価は? 外装・内装、エンジンを画像つきで解説

スポンサー リンク
ティグアン

ティグアンが欧州で一足先にモデルチェンジ

 

取り回ししやすいサイズと、ゴルフ譲りの走光性能で人気を博したティグアン。
そのティグアンが欧州でフルモデルチェンジを実施しました。

 

プラットフォームは現行ゴルフⅦと同じMQB、
内外装のデザインも現行モデル群を継承しています。

 

サイズはこれまでより全長+60mm、全幅+30mmとなり、
全長×全幅×全高:4606×1839×1672に。
居住性が大きくアップしています。

 

CX-5が4540mm、ハリアーが4720mmなので、
だいたいその中間くらいのサイズ感ですね。
エクストレイルとだいたい同サイズです。

それでいながら車両重量が50kmも軽量化しているなど
進化のほどがうかがえます。

 

外装・内装

ティグアン

ティグアン

ティグアン

外観は全体的にゴルフに似ていますね。

 

  • エンブレムと一体になったヘッドライト
  • 同じくロウワーグリルと一体になったフォグランプ
  • ハッチゲートまで伸びたリアコンピランプ
  • 「く」の字型に折れ曲がったCピラー

力強さを感じさせつつ、かといってワイルドではない。
質実剛健なドイツ車らしい顔つきです。

 

ティグアン

ティグアン

内装もフォルクスワーゲンらしい無駄のない作り。
SUVなのでもうちょっと遊びがあってもいいような気もしますが。

SUVはオレンジ×ブラックの配色がよく使われますが、
こうして見比べてみるとホワイト×グレーも魅力的です。

 

国産車も外車もこれだけSUVw溢れれば、
SUVらしくないSUVがあっても面白いと思います。

 

メカニズム

VWらしく搭載エンジンは種類豊富。

 

TSIガソリンユニット

  • 1.4L 直4ターボ
  • 2.0L   直4ターボ

の設定で出力を4タイプを用意。

 

ディーゼルエンジンについても、
2.0L直4ターボで4タイプの出力を用意しています。
排ガス不正問題があったディーゼルが売れるのは疑問ですが。
ひょっとしたら日本ではディーゼル仕様は取り扱いがないかもしれません。

 

さらに注目はフォルクスワーゲン初の
プラグインハイブリッドモデル「GTE」が追加されること。

 

ティグアン

(プラグインハイブリッドのティグアンGTE)
100kmのEV走行が可能らしく、
アウトランダーPHEVなどを脅かす大きな武器となるかもしれません。

 

そして気になるSUVとしての性能ですが、
VWの4WDシステム「4モーション」がさらに進化。
4モーションアクティブドライブが追加されました。

 

これまでの4WDは路面状況や車の挙動を感知して
自動的に駆動トルクを配分するクルマ任せのシステムでした。

 

新型ではダイヤル操作でオンロード、スノー、オフロード、
オフロードインディビジュアルの4モードを選択可能になりました。

ティグアン

(こんな状況は日本ではなかなかありません)

 

ただ問題はこの4WDシステムが日本で発売されるのか、という点です。
ティグアンは1.4LがFFのみ、2.0L車はFFと4WDが用意されています。
そして現状、日本の道路ではそこまでのオフロード性能は必要ありません。
需要がなければ「FF車のみの発売」もあり得るでしょう。

 

この辺りがどうなるかはまだ不透明です。
日本での発売は今年10月頃と噂されていますが、
詳細が明らかになり次第またお伝えします。

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る