スポンサー リンク

プリウスαの燃費や評価、オススメグレードは? 内装や走り心地も進化したミニバン版プリウス

002

ミニバン、ステーションワゴン版のプリウス

プリウスαの新車を格安で購入できる必殺技は本文最後でご案内します・・・

さて今回紹介するクルマはトヨタのプリウスαです。

 

プリウスαは5シーターと7シーターの2種類を用意。
普通のプリウスがハッチバック車なのに対し5シーターはステーションワゴン、
7シーターはスモールミニバンという扱いになっています。

 

どちらもプリウスに比べて100㎏以上重くなっており、
坂道発進や加速性能などではどうしても劣ってしまいます。

 

しかし、その分ホイールベースは長くなっており、
安定性ではプリウスαが優れています。

 

この辺りはハッチバックに求められる役割、
そしてステーションワゴンやミニバンに求められる役割の違い、
といったところでしょうか。

 

<プリウスα主要諸元>
全長×全幅×全高(mm):4630×1775×1575
ホイールベース(mm):2780
最低地上高(mm):145
室内長×室内高×室内幅(mm):2690×1520×1220
車両重量(kg):1460
最小回転半径(m):5.5
JC08モード燃費(km/L):26.2
総排気量(cc):1797
エンジン種類:直列4気筒DOHC
使用燃料:レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L):45
最高出力:99PS/5200rpm (システム出力136PS)
最大トルク:14.5kgm/4000rpm

 

優れた燃費性能を生み出すハイブリッドシステム

 

system_01_pc

 

 

プリウスの特徴と言ったら
何といってもハイブリッドシステムです。

 

1.8リットルエンジンに、昇圧コンバーター付きパワーコントロールユニット、
発電用モーターと駆動用モーターを別々に搭載。

 

5シーターはパワー密度の高いニッケル水素バッテリーを、
7シーターは小型軽量のリチウムイオンバッテリーを採用しています。

 

気になる燃費はJC08モード26.2km/L。
2011年の発売からやや時間が経っていますが、
実燃費のランキングサイトを見てもミニバン部門で1位といまだに上位です。

 

ステーションワゴンと比較しても実燃費に関しては、
ホンダの「シャトル」とほとんど変わらないようなので
やはりプリウス強しといったところでしょうか。

 

「家族想定」のミニバン

 

プリウスαは単なるサイズアップではなく、
プリウスの「上位版」という位置づけです。
そのため内装の質感やシートの座り心地などが向上しています。

 

carlineup_priusalpha_interior_seat_01_pc

carlineup_priusalpha_interior_indoor_space_11_pc

carlineup_priusalpha_interior_indoor_space_08_pc

(シートは多彩なアレンジが可能でラゲージスペースや居住スペースに)

 

 

またサスペンションなども改良されており、
全体的な乗り心地もプリウスαの方が上です。

 

ただし7シーターは「シアターシート」と言って、
1列目、2列目、3列目と後ろに下るにつれて
座席が高くなっています。

 

carlineup_priusalpha_interior_indoor_space_06_pc

 

そのため大人が7人乗ると3列目の乗員は頭がやや窮屈かもしれません。
トヨタのカタログなどを見ても「大人+子供」という家族が想定がされています。
この点は注意が必要でしょう。

 

これは余談ですが、こうした背の低い「ロールーフミニバン」は
大型犬を飼っている方にも人気があります。

 

私も以前、大型犬を飼っていたのですが、
ドッグフリスビーなどの大会に行くと3列目シートを
ワンちゃんのためのスペースにしているクルマを駐車場でみかけました。

 

フルモデルはまだ先。オススメグレードは?

 

つい先日、プリウスの新型が発表されましたが、
このプリウスαは先頃、マイナーチェンジを行ったばかり。
(フロントマスクなどが刷新されました)

 

newpriuss

(発表された新型プリウス)

 

 

フルモルデルチェンジはまだ先と思われます。
新型プリウスの外装はかなり攻めている感じがあり、現状では賛否のわかれるところです。

なので購入タイミングとしては今が「買い」でしょう。

 

プリウスのオススメグレードは
7人乗りSグレード(282万8616円)です。

 

carlineup_priusalpha_grade_grade4_01_pc

carlineup_priusalpha_grade_grade4_02_pc

 

衝突回避などの先進安全装備は
上位のGグレードのオプション設定にありますが、
300万円を超えてしまいます。

 

なので安全装備に関してはサイドエアバッグとカーテンアエアバッグ、
歩行者に注意を促す車両接近通報装置で手を打ち、
機能と価格でバランスの取れたSグレードをオススメします。

 

 プリウスαの新車を格安で買う必殺技とは

 

というわけで本文冒頭でご案内したとおり、プリウスαを格安で買う手法をひとつ紹介します。

実はあまり知られておりませんが、プリウスαにはOEM車があり、それがダイハツで販売されています。

その名も “メビウス”

プリウスαと同じクルマです。 違うのはエンブレムだけ。

ダイハツ=軽自動車というイメージは皆様お持ちでしょう。

【まさかダイハツに普通車があるなんて!!】

そんな悲鳴が今にも聞こえてきそうですがこのダイハツメビウスは、非常に流通が少なく購入者のほとんどはダイハツの関係者なのです。

 

そんなメビウスですが、少しでも知名度をあげるために当社では爆安で販売しております。
当社がセールする新車は新潟県内はもちろん、近県~関東地方からも問い合わせ、納車実績がありますので、提示価格にはきっとご満足いただけると思います。

 

当店はオールメーカー取り扱いをしておりますが、ダイハツの販売店として長い実績もあり最も得意とするメーカーでもあります。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

新車担当:下間(しもつま)

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る