マツダ「CX-3」の燃費や評価は? クリーンディーゼル一本のみで勝負に出たコンパクトSUV

スポンサー リンク
fhioffa

クリーンディーゼル一本のみで勝負にでたCX3

 

マツダが発売したCX3。人気は上々のようです。

 

CX3はいわゆるコンパクトSUVと呼ばれるクラスです。SUVには室内・収納スペースだけでなく、「広い視覚」という実用的なメリットがあります。

 

「コンパクトカーまで車格下げたくないが、本格的なSUVは持て余してしまいそう」といった需要に応えています。マツダの車種でいえば、「デミオでは物足りないけどCX5では大きすぎる」といった感じですね。

 

実際、価格設定もデミオより60万円高く、CX5より50万円ほど安くなっています。

 

jfiofa

 

このコンパクトSUVの需要はかなり高く、ニッサン「ジューク」やホンダ「ヴェゼル」が人気なのはご存じの通りです。ジュークはガソリンエンジン、ヴェゼルはハイブリッドがそれぞれメインですが、CX3はクリーンディーゼル車のみのラインナップです。

 

ディーゼル車という「燃費や環境性能が悪い」というイメージがありましたが、それも昔の話。日本同様に環境性能に厳しいヨーロッパの新車の半数以上がこのクリーンディーゼルというデータがあります。日本でハイブリッドが普及しているのと同じノリですね。

 

CX3の1.5Lディーゼルターボエンジンのトルクと出力は27.5kgm/105PS。 ガソリエンジンのジューク(
15.3kgm/114PS)、ハイブリッドのヴェゼル(15.9kgm/132PS)に馬力では劣るものの、トルクでは大きく上回っています。

 

発進時の加速や加速の滑らかさではこの太いトルクを持つCX3が有利と言えるでしょう。気になる燃費はJC08モードで23.0km/L(FF車の場合)です。

 

さすがにハイブリッドであるヴェゼルの26.0km/Lには負けますが、ジュークの18.0km/Lは大きく上回っています。

 

外装・内装は?

 

外観はこれで5台目になる魂動デザインです。デミオやアクセラ、アテンザと同じ顔ですが、コンパクトSUVの車格にもよくマッチしています。

 

646

 

サイドもなだからなカーブのある美しいデザインになっています。Cピラーがブラックアウトされており、ルーフが浮いたように見えるのも特徴です。

 

CX3のタイヤは16インチと18インチ、2種類のサイズでそれぞれ専用に設計されています。16インチタイヤはブリヂストンとダンロップ、18インチタイヤはTOYOとなっています。ちなみに開発は16インチで行われたそうです。

 

jofff

 

内装もかなり質感高めに作られています。変にきらびやかにしないパネル使い、ダッシュボードのステッチ、やドアなどにいれた異素材シート。最近のマツダはがこういう作りがとても上手いですね。

 

マツダはXD、XDツーリング、XDツーリングLパッケージの3グレードが選択できますが、7インチセンターディスプレイ、フルオートエアコン、コマンダーコントロール、スマホなどを繋ぐ外部接続ハブなどはXDグレードから標準装備となっています。

 

気になる価格は?

 

「CX-3」XDグレードの価格は2WDが237万6000円。4WDが259万2000円となっています。

 

XDツーリングパッケージは2WDが259万2000円。4WDが281万8000円となり、

 

  • ヘッドランプがLEDに変更
  • ヘッドアップディスプレイ
  • パドルシフト
  • クルーズコントロール
  • シートヒーター(4WD車のみ)
  • タイヤが18インチに変更

 

といった装備が追加・変更されます。さらにこのグレード以上のAT車になると「ナチラュル・サウンド・スムーザー」がオプションとして選択できます。これはピストンピンにダンピング機能をもたせ、ディーゼル車特有のエンジン音を抑制するというものです。

 

私もディーゼルエンジンのアクセラに乗ったことがありますが、やはりディーゼル特有の「ジャラララ」という音を感じました。最近のディーゼル車は進歩しており、特にマツダの技術はヨーロッパ車と比べても遜色ないものとなっています。

 

気にならないと言えば気になりませんが、CX3はオプションで「ボーズサウンドシステム」も選択できるので、その場合は考慮に入れるのも一つの手です。

 

さらにXDツーリングLパッケージは2WDが280万8000円、 4WDが3024000円となり、

 

  • フロントフォグランプ
  • サイドガーニッシュ
  • サイドドアトリム

 

など主にインテリア面がツーリングパッケージからさらに追加されるほか、ミリ波レーダーなどを使ったマツダの先進安全装備「i-ACTIVSENSE」の全機能が標準装備となります。

 

走りを求めるだけなら中間グレードで良さそうですが、安全性まで求めると上級グレードまで欲しくなります。買うとしたら、その辺りでなかなか悩み所になりそうです。

 

以上、マツダのコンパクトSUV「CX-3」についてでした。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る