マフラーが折れた!修理費用は?【マックス】

スポンサー リンク
CIMG3163

場所によっては高額なマフラー交換代

 

水原車輛販売の整備担当から、修理事例の紹介です。今回はマフラーの故障・交換編です。

走行中に突然クルマの音が変わる、ゴロゴロとした大きな音になった、暴走族のような音になった・・・などなどが、代表的なマフラーのトラブルになります。

 

マフラーとはエンジンからの排気ガスを排出する機構で、クルマの後方に排気の出口があるのはよくご存じだと思います。

FF車(エンジンがフロント部にあるタイプ)の場合、フロントのエンジンから最後方部まで、だいぶひょろながいつくりになっています。

CIMG3162

 

上のマフラーを、車体の中心を通ることからセンターマフラーといいます。

一番後ろの排気口の部分はリアマフラー

CIMG3163

 

マフラーで、イメージしやすいのは、↑のリアマフラーですね。

今回は、センターマフラーが折れた、ということでその部分を交換しました。

CIMG3161

CIMG3160

 

fこのでっぷりした形の部品は、消音のためのもので、通称〝タイコ”と呼ばれます。

CIMG3158

 

 

きになる修理費用は?

というわけで、センターマフラー交換の修理費用を解説します。今回のクルマはダイハツのマックスMAX

軽自動車の場合似たような価格になるとは思いますが、一応参考程度にしてください。

 

センターマフラー部品代39800円

取り付け工賃 3500円

合計43300円

 

センターマフラーは特に高額です。リアマフラーの場合部品代が10000円程度です。

またマフラーが折れるまでいかない、錆や腐食による穴あき状態からくる排気漏れの場合は、溶接で応急処置も可能です。

応急修理だと4~5000円くらい。

実際は車種や状態によるので、正確な見積もりはクルマをリフトで上げてみてからですね。

 

クルマのトラブルについてお答えします

「エンジンの異音の原因は?」
「クルマの寿命はどれくらい?」
「ラジエーター液の交換時期は?」

 

水原車両販売ではクルマのトラブルについて解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

 

あなたのお車整備します

当社では自社整備工場を完備し、豊富な経験をもつ整備士が真心こめて修理いたします。

お客さまのクルマの症状に関する不安、疑問など、できるだけわかり易く丁寧にご説明申しあげ、解消に努めます。

阿賀野市近郊、新潟市でお車にお困りの際は是非、当店をご利用ください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます

staff

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る