ランドクルーザーの評価やオススメグレードは? 無骨さが光る本格オフローダー

スポンサー リンク
スクリーンショット 2016-07-21 9.14.02

現行のランドクルーザーが発売されたのは2007年。
今年で9年目とかなり年季が入ってきていますが、
昨年の昨年のマイナーチェンジで若返りが図られました。

 

ヘッドライトのLED化、フロントマスクの一新、
先進安全装備の搭載などかなり「今」風の作りになりました。

 

とはいえ特徴はやはり圧倒的な走破性能。
世界中のあらゆる悪路をそう指定して開発された

世界最高峰のオフローダーです。

 

外装・内装

ランドクルーザー

ランドクルーザー

ランドクルーザー

ランドクルーザーのボディサイズは
全長×全幅×全高=4950×1980×1910mm。
その巨体ゆえに最小回転半径は5.9mです。

 

車重も2.4トンをオーバー。
これはラフロードでの強靭性を考え
骨格構造にラダーフレーム方式を採用しているためです。

 

ランドクルーザー

ランドクルーザー

中央の9インチディスプレイはオプション。
オーディオや空調スイッチを集めたセンタークラスターは
SUVらしい堂々した雰囲気があります。

 

GX以外のグレードでは木目調パネルがはめ込まれます。
無機質なデザインなので、ちょうどいいアクセントです。

 

AX系とZX系のエアコンは
前後左右で独立して温度調整ができる4ゾーン式。
なんと吹き出し口が28か所も用意されています。

 

メカニズム

 

パワートレーンは自然吸気の4.6L V8エンジン。
今になっては珍しい大排気量です。

 

走りのテイストは「タフネス」。
加速はもっさりで、ステリアングフィールも重ため。
路面を凸凹を拾うとラダーフレームらしい振動が感じられます。

 

ちなみに燃費はJC08モードで7km/Lを下回ります。
色んな意味で時代に逆行しているクルマです。

 

それでもなお魅力があるのはやはりSUVを体現しているから。
無骨で圧倒的なタフネスを誇るランドクルーザーは、
ランドクルーザーだけが持つ世界観があります。

 
それに共感できるかどうか?
それで「いいクルマか」どうかの評価が決まります。

 

ランドクルーザー

 

ちなみにオススメグレードは最高グレードのZX。
走行状況に応じて減衰力をコントロールすくバリアブルサスペンションシステムが
ついているのはZXのみ。ランクルに乗るなら是非ともつけたい機能です。

 

またこちらはオプションになりますが、
パワーバックドアは選択しておきましょう。
リヤゲートの開閉がラクになります。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る