レガシィアウトバックの評価やオススメグレードは?

スポンサー リンク
レガシィアウトバック

アウトバックはSUVとステーションワゴンのクロスオーバーもです。どちらかというとワゴン色が強めで上質感のあるスタイリングに仕上げられています。

 

最近のスバルよろしく北米市場がメインターゲットなので、ボディサイズは大きめ。クロスオーバーSUVはスタイリッシュが優先され、居住性や積載性が犠牲になりがちですが、アウトバックはその二つを兼ね備えています。

 

もちろん走破性に優れているのもポイント。最低地上高は200mmを確保し、何よりスバル特有のシンメトリカルAWDを採用。ウェットな路面や雪道でも安心して運転できます。

 

エンジンはもちろん水平対向です。滑らかに加速が気持ち良く、ぎこちなかったCVT制御も年次改良によってリニアな加速になりました。レースやオフロードなど極端な環境で磨かれるスバル車の中では穏やかな設定で、乗り心地も落ち着いています。

 

画像

レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

 

SUVのアクティブさとセダンの快適性

 

コックピットには全面ソフトパッドを採用。特にリミテッド仕様では本革シートを標準装備。リヤシートヒーターや純正ナビならハーマンカードンのプレミアオーディオシステムが装備されます。

 

先進安全装備「アイサイト」も去年の改良で進化。斜め後方の車両を検知する「後側方警戒支援機能」に、車線変支援、ハイビームアシストを含めたアドバンスドセイフティパッケージを標準装備しています。

 

レガシィアウトバック

 

走りを極めるスバルが上質さも手に入れた。これがレガシィアウトバックの総評です。長距離ドライブにはうってつけの車ですね。

 

おすすめグレード

 

オススメグレードはアウトバックリミテッド。(345万6000円)レガシィアウトバックはもともとシンプルなグレード体系。アウトバックとアウトバックリミテッドしかありません。

 

その価格差は27万円ですが、本革シートにリヤパワーゲート、18インチアルミホイールが標準装備でコストパフォーマンスは高め。専用ダンパーも装備されており、走りの質感もワンランク上になっています。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る