レクサス「LC500」のスポーツグレード「 F」はLFAの後継車? スーパーカー復活の噂を検証する

スポンサー リンク
レクサスLCF

日本がこれまでに唯一作った掛け値なしのスーパーカー。
それが「レクサスLFA」です。

 

2010年から2012年にかけて販売されたLFAは
生産台数わずか500台、販売価格は3750万円。
販売終了後も、後継車を望む声は後を絶ちませんでした。

 

レクサスLFA

(レクサスLFA)

 

2012年以降はレクサスもラグジュアリースポーツとして
「LF-LC」というコンセプトカーをモーターショーで公開してきました。
そして、その市販車として公表されたのが「LC500」「LC500h」です。
日本でも来年早々に販売されるLC500はV8の5L NAエンジンと
V6 3.5L ハイブリッドの2種類を用意。

 

どちらも1000万円以上となる予定です。
そして、このLCシリーズのスポーツグレードがLFAの後継車になるのではないか、
という噂がまことしやかに流れています。

 

LC500画像

レクサスLCF

レクサスLCF

レクサスLCF

レクサスLCF

レクサスLCF

LC Fが「LFAⅡ」とされる根拠は?

 

火のないところに煙は立たないと言います。
では、どうしてこうした話が広がっているのか。

 

まずレサクスブランドにはスポーツ系の頂点として「F」を冠するモデルがあります。
「RC F」「GS F」はどちらも最上級グレードに300〜400万円アップされるもはや別物の車です。
メルセデスにおけるAMGクラスと考えてもいいでしょう。

 

トヨタは現在、4L V8ターボの新エンジンを開発中。
これは2L 直4エンジンを2つをつなげたもので、
V8 5L NAエンジンに代わるダウンサイジングターボとされています。

 

また噂の段階ですが「LC F」はこのエンジンを積むと言われており、
そのパワースペックは実に600PS級。
これはGT-Rや前述したLFAを上回る数値です。

 

さらにLCはGT500ようマシンをすでに完成しており、
8月に行われる第6戦で公開予定。
そのスポーツ性をアピールしようという意図が見えます。

 

レクサスLCF

 

こうした情報を総合すると「LC F」がLFAの後継車、
つまりLFAⅡであるという話も「嘘」とは言い切れません。

 

LC500か発売されるのが来年早々で、1000万円。
そこから考えるとLC Fの発売はその1年後、
2018年で価格は2000万円程度になると思われます。

 

まだまだ憶測の段階ですが、久々の国産スーパーカーとなれば
クルマ好きの興味も膨らむこと間違いなし。
今後れ詳細か明らかになりしだい、続報をお伝えします。

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る