レクサス新型車情報② GS、CTがフルモデルチェンジ Bセグ車のSAも登場?

スポンサー リンク
レクサス新型車情報

前回はレクサスのフラッグシップモデル、
「LS」と「LC」について解説しました。

 

レクサス新型車がいよいよデビュー フラッグシップモデル「LS 」「LC」を解説

 

今回は、その他のフルモデルチェンジや新型車について解説します。

 

新型レクサスGS

レクサス新型GS

 

レクサスGSは日本では「アリスト」として発売されていたモデル。
ラグジュアリークーペであるLCにも採用される新世代プラットフォームに、
これまた新開発の2.5L 直4ダウンサイジングターボを採用します。

レクサスGSで注目点はパワトレーンの種類が豊富なこと。

 

直4ダウンサイジングターボ以外に
マルチステージハイブリッド搭載車を設定、
さらに新開発のV8ツインターボを搭載する「F」も後れて登場予定です。

 

新型GSの発売は2018年1月予定。
価格は600万〜900万円と予想されます。

 

新型レクサスCT

新型レクサスCT

 

レクサスCTはレクサスブランドのボトムレンジを支える
Cセグメント(小型)ハッチバック。
360万円という高級車としては手頃な価格で人気です。

 

新型CTはシャシ及びパワートレーンは新型プリウスと共用。
ただしHVシステムはさらに進化させると発表されています。
ハイブリッドの代名詞である「プリウス」以上というのだから期待が持てます。

 

そして何より注目なのがフォルムとデザインの変更。
現行型はオーソドックスなCセグハッチパックですが、
新型はクロスオーバーSUVにフォルムとデザインが変更されます。

 

この新型レクサスCTは2019年1月に発売予定。
価格は350万円から480万円と予想されます。

 

新登場のレクサスSA

レクサスSA

SAはレクサス初のBセグメント車。
次期ヴィッツと同じTNGA-Bをベースにしたプレミアムコンパクトカーです。

 

ヴィッツと共用が多いと言っても、そこは海外ブランドのレクサス。
サイズは一回り大きな3ナンバーサイズです。
この市場もまた欧米では激戦区で、MINIやアウディA1などライバルがひしめいています。

 

CTがハッチッバックからクロスオーバーSUVに変身できたのも、このASあればこそ。
ユーザーの趣向に合わせて様々なクルマを用意できるのがトヨタ/レクサスの強みですね。

 

レクサスSAはCTに一年遅れて2020年の秋頃発売予定。
価格は270万円から360万円と予想されます。

 

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る