ロードスターRHTが発表 2Lエンジン搭載で10月発売予定

スポンサー リンク
ロードスターRHT

マツダの新型車「ロードスターRHT」がNYショーで発表されました。
RHTはリトラクタブルハードトップの略で、
自動開閉する電動型ハードトップを意味します。

 

つまり、去年発売されたND型の新モデルということです。
ロードスターRHTは先代NC型においても、
発売から約一年後に追加されたという経緯があります。

 

またND型にはRHT用にヒューズソケットが最初から用意されており、
RHT型が発売されることはほぼ確定していました。

 

先代NC型ロードスターに使われたRHTは、
マツダとドイツ・ベバスト社との共同開発品です。
最新素材を使い、ソフトトップ車との重量差を37kgに収めました。

 

ND型に使われるRHTもやはりベバスト社との共同開発品。
しかもこれまで3分割だったルーフが、4分割に進化しました。

 

言葉ではなんとも説明しづらいので、
ネット上にアップされていた画像をご覧ください。

 

ロードスターRHT

これにより開閉動作がスムーズになり、
さらにルーフの収納スペースが小さくなったそうです。
ただでさえ速い「12秒」という開閉時間も短くなるかもしれません。

 

現在、日本で発売されているND型は1.5Lエンジンのみ。
しかし、このRHTモデルでは重量増加に対応するため、
2Lエンジンが搭載されます。

 

日本とは逆にアメリカではこの2Lエンジンモデルのみが発売されています。
1.5Lエンジンが131PS/15.3kgmなのに対し、
2Lエンジンは155PS/20.5kgmとなっています。

 

ロードスターの真骨頂は「軽さ」と「走り」の一体感だと言われています。
マツダの開発陣も1.5Lモデルが本命、とコメントしていました。

 

ロードスターRHT

 

とはいえ、やはり電動ハードトップはとても便利です。
水原車両販売でもコペンをレンタカーとして貸し出していましたが、
ボタン一つで自動開閉するアクティブトップは大変好評でした。

 

ハードトップの利点は他にもあります。
オープンカーだけでなく、クーペとしても楽しめること。
ボディ剛性が向上し、静粛性や防犯性も向上すること。

 

その一方で「オープンカーで屋根を閉じるのは邪道」という意見ももちろんわかります。
ロードスターは間違いなく遊びのクルマだからです。

 

利便性を取るか、それとも走る喜びを追求するのか。
選ぶ楽しみが増えるロードスターRHTは10月発売予定です。

 

新車を買うなら水原車輌販売で

“ネットでみたのですが” とお気軽にお問い合わせください。徹底的にサービスします。

特にネット経由のご新規さまにはびっくりするような価格をご提案可能です。
新潟市近隣はもとより新潟近県、東北~北陸~関東であれば格安で陸送可能です。

もちろん新車は保証付で全国のディーラーで整備可能なので遠方納車でもご安心ください。

staff

新車販売担当:下間(しもつま)

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る