人気NO.1SUV「ヴェゼル」の評価やおすすめグレードは? 

スポンサー リンク
ヴェゼル

ヴェゼルはSUV販売台数第1位の人気車。

 

コンパクトカー「フィット」をベースに、ホイールベースを拡張、
さらに燃料タンクをフロア下に配置する「センタータンクレイアウト」で
コンパクトSUVとは思えないほど室内空間に余裕があります。

 

発売こそ2013年ですが今年2月にマイナーチェンジをしたばかり。
自動ブレーキや誤発信抑制機能などの先進安全装備
「ホンダセンシング」をオプションで選択できるようになりました。
(一部上位グレードでは標準装備)

 

ヴェゼル

 

また、サスペンションなど足回りも改良。
かねてより指摘されていた「乗り心地の硬さ」も改善されました。

 

画像

ヴェゼル

ヴェゼル

ヴェゼル

外観はSUVの力強さと、クーペの美しさを両立したデザイン。
Cピラーと融合させたリアドアハンドルが秀逸です。

 

ヴェゼル

ヴェゼル

ヴェゼル

 

おすすめグレードは?

 

そんなヴェゼルのおすすめグレードはハイブリッド車の
「ハイブリッドZ  honda sensing」です。

 

Zはヴェゼルの最上級グレード。
ラゲッジハードボードの遮音効果で静粛性に優れています。
操縦性もスポーティグレード「RS」に同等、
しかもタイヤの当たりはずっとマイルドです。

 

装備も充実しています。

 

  • 本革巻きステアリング
  • 雨滴検知式フロントワイパー
  • 運転席&助手席ヒートシーター

 

など少し前なら高級車にしかなかった機能を用意。
名前からもわかるように自動ブレーキも標準装備です。

 

これで価格は267万円(FF車)なのですから、売れる理由もわかります。

 

現在、国内SUV市場はハリアー、エクストレイル、ヴェゼルの3強。
そして、その中で上位グレードで300万円を切るのはヴェゼルのみ。

 

最上位グレードにも手が出るクルマ。
この辺りが国内販売台数第1位の理由と言えるでしょう。

 

ちなみに価格で言えば、スポーツグレードの「RS」の方が上です。
ただスポーツグレードは趣味性が高く、
あまり乗り心地や静粛性などには関係していません。

 

あなたが「スポーツ」を求めているならおすすめですが、
普通に快適性や上質さを求めているなら「Z」が一番でしょう。
購入の際は、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る