今後発売されるTNGA採用車は? 新型カムリ、新型マークX、新型クラウンを解説

スポンサー リンク
トヨタTNGA

トヨタが新しいクルマ作りを目指して開発した新型プラットフォームが、
トヨタニューグローバルアーキテクチャー「TNGA」です。

 

そのTNGA第1弾は発売以降、大ヒット中の新型プリウス。
では、今後どんなTNGA採用車が発売されるのか。まとめてみました。

 

TNGA-K採用第1弾 次期カムリ

新型カムリ

新型カムリは2017年に発売予定。
Dセグメント以上の大型FF車に採用されるKプラットフォームの後継、TNGA-Kが採用されます。

 

新型カムリは北米仕様の3.5L V6エンジンを廃止してダウンサイジング。
新開発の2.5L 直4ターボが搭載されます。

 

外観は北米で主流の4ドアクーペスタイルに。
ボディサイズも現行モデルより大型化される見通しです。

 

予想価格は320万〜430万円。

 

TNGA-K採用第2弾 次期マークX

新型マークX

 

マークXといえばマークⅡの時代から後輪駆動が伝統でした。
しかし、ついにFRと決別。カムリと同じ大型FFのTNGA-Kを採用します。

 

プラットフォームこそ同じですが、マークXは国内事情に合わせやや小ぶりなサイズに。
搭載エンジンも2L 直4ターボがメインになります。
走りはスポーティにまとめられ、シリーズ初のハイブリッドもラインナップ予定です。

 

発売は2018年秋頃予定。
価格は270万〜400万円と予想されます。

 

TNGA-N採用第1弾 次期クラウン

新型クラウン

 

一方、後輪駆動を継承するのが新型クラウンです。
トヨタ及びレクサスのD・EセグメントFR車に採用されるNプラットフォームの後継、TNGA-Nを採用します。

 

クラウンもダウサイジングを敢行。V6エンジンを廃止し、2.5L直4ターボがメインになります。

 

そして次期クラウン最大のトピックは、なんといっても「燃料電池車」モデルです。
量産車初のFCVとして話題になったMIRAIとは異なる後輪駆動ベースの新システムが採用されます。

 

発売予想次期は2019年初めころ。
価格は750万〜900万円ほどになる見通しです。

 

この他にエスティマやヴィッツもTNGA採用車として発表されています。
詳細が明らかになり次第、お伝えしていきます。

 

そもそもプラットフォームっなに?という人のために

 

トヨタのTNGA以外にも各メーカーが数百億円という予算をかけてプラットフォームを作っています。プラットフォームに関する解説はこちらをご覧ください。

 

 

新車を買うなら当店で!

このページを見たといって頂ければ、月間2台限定ですがものすごく値引きします

ダイハツ車は当店が最も得意とするメーカーで、相場や価格は知り尽くしております。

ネット経由では過去県外、東北~関東~関西よりの中部から等、これまで各地から受注実績があるので条件は最高だと思います

ただし当社は最高に儲かりません、だから月に2台だけです(笑)

販売担当:下間(しもつま) suibarasharyo@yahoo.co.jp

staff

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る