可搬式移動オービスがいよいよ稼働! その実力は?

スポンサー リンク
速度取締

ドライバーなら誰もがきになる存在。
それが自動速度取締機「オービス」です。

 

高速道路などを飛ばしていて、
突然ピカッと光ったらもうアウト。
速度違反を記録され、後日通知が送られてきます。

 

オービス

 

世の中には、このオービス対策に様々なグッズが売られています。
最新式のレーダー探知機、オービの設置場所を知らせるスマホアプリなどが
その代表例です。

 

しかし、ここにきてそんなグッズを
「役立たず」に変えてしまう新兵器が登場。
それが「可搬式移動オービス」です。

 

その実物がこちらの画像。

 

可搬式移動オービス

 

三脚の頭にカメラが取り付けられているという
とてもシンプルな作りです。大きさは1mほど。

 

クルマで運んで、好きな場所で取締ができます。
すでに7月6日から運用が始まっており、
高速道路に限らず生活道路でも取締が行われています。

 

今までのスピード取締機が人数と場所が必要でした。
計測担当と違反車誘導担当、違反切符交付担当、
そして逃走車を追いかけるパトカーや白バイ。

これだけの人員に加え、
違反車を停めておくだけのスペースも必要です。
取締ができる場所はその地域ごとに限定されていました。

 

「あの辺りはよく取締をやっているから気をつけた方がいいよ」

 

こうした話は家族や同僚との間でよく交わされるもの。
しかし、この新型オービスの登場で事態は一変します。

必要な人数は2人程度、
オービスなのでその場で違反切符を切る必要もありません。
場所も取らず、安全性も高く、手間もかからない。
取締としては理想的な装置です。

 

とはいえ、速度取締の世界はいたちごっこ。
これに対応した新たな商品が登場してくるのは目に見えています。

 

しかし、そもそも取締を気にしているのは、速度違反をしているから。
クルマは便利で楽しい道具ですが、反面大きな危険も孕んでいます。
オービスうんぬんに関わらず、日頃から安全運転を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る