新型インプレッサの特徴① 新デザイン「ダイナミック×ソリッド」とは?

スポンサー リンク
新型インプレッサ

10月25日に発売される新型インプレッサ。新プラットフォーム「SGP」採用第1弾モデルで、今後のスバルを占う1台です。これから複数回にわたり新型インプレッサの見どころを各所にわたって紹介していきます。今回はデザインです。

 

新型インプレッサはスバルの新しいデザインフィロソフィーである「ダイナミック×ソリッド」を採用。ダイナミックは「愉しさ」を感じさせる走りの躍動感を、ソリッドは「安心」を感じさせる塊感をイメージしています。開発スタッフによると、その比率は7対3。これまで以上に間口を広げるために、若年層に訴えかけるデザインが重視されています。

 

インプレッサ

 

実際の車体を見ると、まず目を引くのがヘキサゴングリルとコの字型のポジションランプ。どちらもスバル車であることを示す伝統的なアイコンです。ヘキサゴングリルには自然界で最も安定した形である6角形と、スバルのロゴにもある6連星の意味が込められています。ポジションランプはボクサーエンジンのピストンをイメージしています。

 

 

新型インプレッサ

 

またサイドは大胆な絞り込みと特徴的なキャラクターラインによってダイナミックさを表現。ドアハンドル周辺に生まれた面構成が削り出したかのようなソリッドさを感じさせます。

 

リアデザインは伝統的なフロントに比べて、リアは今までのスバルとは全く違う新しさを感じさせます。低重心ですが、ステーションワゴンのような野暮ったさはありません。ルーフラインが後方に向かうにつれ大きく下げられ、さらにそれに繋がるリヤゲートも角度が付けらており、流麗でスポーティなシルエットになっています。

 

以下、ツイッターでの反応

 

すでに全国各地のディーラーで展示、試乗が実施されています。実物を見た方の反応はかなりの好印象。今後、走行レビューなども出てくれば、改めて紹介いたします。

 

 

現在、新型インプレッサについて特集しています。合わせてご覧ください。

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る