新型カローラはハッチバックが追加? ゴルフをライバルに据えて大胆イメチェン

スポンサー リンク
新型カローラ

 

カローラといえばトヨタの代表的ブランドの一つ。かつては国民車という扱いでした。しかし最近はコンパクトカーやSUV人気に押され、クルマ好きには敬遠されがちに。「お年寄りのクルマ」のようなイメージがついてしまっています。

 

もっともこれは日本だけの話。カローラは世界150か国で売られ、累計販売数は4000万台を超えています。トヨタとしても若返りを図り、日本でのイメージを回復させたい考えです。今年はカローラが生まれて50年という節目。記念イベントでは開発者自身が「スタイリッシュにしたい」と発言、実際に北米で販売されてた「カローラフーリア」はデザインが大胆に変更されました。

 

新型カローラ

(カローラフーリア)

 

こうした経緯の中で、明らかになった次期カローラの開発目標は「ゴルフ超え 」です。ゴルフと言えば、フォルクスワーゲンの代表車種。ハッチバックの王様と言われるような存在です。これを目標にするのは、ある意味で当然のこと。

 

しかし、実はこの目標は少し前に発売されたオーリスに課されたものでもありました。オーリスはヨーロッパをメインターゲットに発売されたトヨタの5 ドアハッチ。しかし、このオーリスの開発中に、フォルクスワーゲンはゴルフ7を発売し、残念ながらその性能差が縮まることはあまりせんでした。

 

オーリス

(オーリス)

VWゴルフ値下げ

(ゴルフⅦ)

 

次こそゴルフを超える、という意気込みでカローラが開発されていることは想像に難くありません。これまでのセダンとワゴンの他に、5ドアハッチも開発中という話があり、ここからも意義込みが感じられます。

 

さらに注目なのがスポーツグレードの存在です。ゴルフには「GTI」というスポーツグレードがあり、これをカローラにも設けるという噂。確かにゴルフをライバル視するなら、こうした試みも必要でしょう。

 

ゴルフはファミリー向けから、ブレミアムスポーツまで幅広いグレードが用意されています。中にはV6 3.2Lを搭載する「ゴルフR」なんてものもあります。こうした展開ができるのも、懐の深い性能があるから。

 

最近のトヨタはレースにもこだわりを見せ、GAZOOというブランドを アピールしています。。レース参加が後々、一般車の性能を底上げにつながるのは周知の事実。新型カローラは単なる若返りの意味以上に、興味深い一台になりそうです。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る