新型コンパクト2BOX「タンク、ルーミー、ジャスティ、トール」が発売 名前が多すぎる

スポンサー リンク

ダイハツがトヨタの完全子会社になり、「軽じゃないK」というコピーで新型パッソ/ブーンが発売されたのは記憶に新しいところ。パッソ/ブーンはダイハツが開発・生産し、トヨタにOEM供給。それぞれの名称で販売されています。

 

これと同じ方式で今度はコンパクトトール2BOXが発売されるとのことです。すでにベストカーさんはじめ大手の雑誌では盛んに特集が組まれております。しかも今度はトヨタと業務提携を結んだスズキも参加。ダイハツが開発・生産し、トヨペット&ネッツでは「タンク」、トヨタ&カローラでは「ルーミー」、スズキでは「ジャスティ」、ダイハツでは「トール」という名前で販売されるとのこと。ダイハツ販売店の私どもよりも情報が早くて、こっちがびっくりです。この4車はボディパネルは共通ですが、フロントグリルを中心にデザインが変更されています。

 

2016t-10162

(情報が新しすぎてまだ画像が出回っていません)

 

位置づけとしてはかつてトヨタが販売したbBの後継モデル。両側スライドドアを搭載することから、スズキソリオをライバルに置いているのは明らか。ボディサイズは全長×全幅×全高=3700×1670×1735mm。ソリオとほぼ同サイズで、室内幅と室内高はソリオを上回っています。

 

エンジンは直3,1LエンジンのNAとターボ。出力とトルクはNAが69ps/9.4kgm、ターボが98ps/14.3kgmです。燃費はNAが24km/L、ターボが21.8km/L。ソリオと比較するとNAは同等の燃費ですが、ソリオにはハイブリッドがある分、若干分が悪くなっています。

 

現在では欠かせなくなった先進安全装備ももちろん搭載。衝突回避支援機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能などを含んだダイハツのスマートアシスト2を採用しています。

 

グレード構成はノーマルと上級スポーツモデルである「カスタム」を用意。軽自動車やミニバンと似た展開です。ラインナップはタンクとルーミーがが8タイプ、トールが6タイプ、ジャスティが4タイプ。この他に駆動方式でNAはFFと4WD、ターボはFFのみを用意。各メーカーによる細かなバリエーションによって、ユーザーの需要を拾う狙いがあります。

 

発売日は11月9日。価格はタンク/ルーミーを参考にすると、NAが146万3400円〜180万3600円。ターボが177万1200円〜200万8800円。リッターカーということでNボックスなど上級の軽自動車と比較できる価格設定です。

 

以下、ツイッターの反応

軽自動車市場が飽和し、1.3Lのコンパクトカーよりもダウンサイジングしたリッターカーが新市場として開拓されつつありますね。1Lターボはスズキがバレーノを先んじて販売、さらに以前はフォード・フィエスタが高い評価を受けています。フォードは撤退してしまいました。名前に関しては確かにちょっと適当感があります。名前だけ奇抜でも内容は他のメーカーと同じなので、足並みを揃えた感じでしょうか。

 

詳細はメーカー発表をみてからですね、また続報をお伝えします。

 

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

 

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

 

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る