新型シビックタイプRのプロトタイプが発表 発売はイギリスで来年末

スポンサー リンク
シビックタイプR

 

9月下旬に開催されたパリモーターショー。ホンダのサプライズとして公開されたのがプロトタイプ「シビックタイプR」です。「こないだ出なかったっけ?」と思う方もいるかもしれませんが、今回は同時に発表された新型シビックハッチバックのタイプRという位置付け。

 

 

プロトタイプということでボディサイズやスペックは明らかにされませんでしたが、新型シビックハッチバックのボディサイズが全長×全幅×全高はそれぞれ4497×1800×1421mm。タイプRはスポーツタイプなのでワイド&ローになることは間違いなく,全幅1850mm、全高1400mm程度と予想されます。

 

その実際の画像がこちら。

 

シビックタイプR

引用元

シビックタイプR

引用元

シビックタイプR

引用元

 

カラーはマット調のブラックで、アクセントに赤を配色。スポーツカーらしい雰囲気です。ボンネットにはエアスクープが設けられ、インタークーラーを冷却します。マフラーはセンター3本出しで、バンパーにはカーボンを採用。ただ市販モデルでここまでできるかはわからないですね。

 

新型シビックはプラットフォームを一新、同時というタイミングからタイプRを念頭に開発されているのは間違いありません。リアサスがトーションビームからマルチリンクに変更され、高い路面追従性が期待できます。

 

エンジンは現行モデルと同じKC20型を採用。ただしターボが改良され、出力&トルクは320PS&41.5kgm程度まで引き上げられる模様。ちなみにベースとなるシビックは3気筒1Lターボを搭載。出力とトルクは129PSと18.4kgmで、これは1.8L〜2.0LNAのパフォーマンスに匹敵します。さらに1.5L直4や1.6Lディーゼルターボが追加されるほか、セダンタイプも同時発売となります。

 

生産はイギリスで2017年からになります。日本での発売はまだ未定です。去年発売されたシビックタイプRは限定750台で販売され完売しました。同じような売り方になるかもしれません。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る