新型スズキ8代目アルトの評価は? 高い走行性と低燃費を実現したオススメ軽セダン

スポンサー リンク

トールワゴンとは一線を画す、オシャレな軽

ベッキーのCMでお馴染みの新型スズキアルト。最近はハスラーやNBOXといった車高の高いトールワゴン軽が続々と登場するなか、新型アルトはあえて車高の低く抑えたデザインを採用しています。

 

この角張ったフォルムと特徴的なヘッドランプを持つデザインには、日産自動車やアウディでエクスリアデザインを担当した和田智さんが参加していると報じられています。確かにフォルクスワーゲンの「UP!」に似た印象を持っています。

 

さて、新型8代目アルトのウリは何といってもその走行性能でしょう。新型プラットフォームにより剛性アップと軽量化が実現されています。剛性は走行性能に直結する要素です。新型アルトは走りにおいて「足回りがスポーツカーのようにしっかりしている」「コーナーを曲がる時にクルマ本来の楽しさがある」「きびきびとした走り心地」などユーザーから高く評価されています。

 

ちなみにこのアルトは近々「アルトターボRS」が出されることがスズキから公式にアナウンスされています。これは事実上のアルトワークス復活だと噂されています。アルトワークスはかつて最速の軽と言われていました。

 

このアルトターボRSにはAGSのパドルシフトが搭載され、またサスペンションも専用チューニングが施されています。コンパクトカーであるスイフトなどでも、スズキはスポーツテイストにこだわってきました。その姿勢はこのアルトにも表れています。

 

「横」を基調とた広さを感じさせるインテリア

7744

前述したように今回のモデルチェンジではプラットフォームが一新され、結果エンジンの大きさは過去最少となっています。

 

自動車には二つの空間があります。それは「人間のための空間」と「エンジンなど機械のための空間」です。エンジンなどメカニカルな部分が小さくなれば、当然、居住性スペースが広なります。アルトの室内長はクラストップです。特に後部座席の膝周りの余裕は、一昔前の「せまっくるしい軽」とは段違いです。

 

また広々とした空間は単純な「容積」だけで決まるものでもありません。ピラーや天井の張出しを抑え、視界を確保しています。また写真を見るとわかるようにアルトのダッシュボードは「横」が基調とされています。視覚的な印象を工夫することで、実際以上に空間を広く感じることができます。

 

また運転席や助手席まわりには多彩な収納スペースが用意されています。軽自動車の主な目的は「買い物」や「短い移動」でしょう。こうした時にあると便利なのが「手荷物スペース」です。アルトにはドリンクホルダーや、買い物袋やバッグをかけるフックが備えつけてあります。

451

 

ガソリン車トップの低燃費

走行性能と同時に、スズキが力を入れているのが「エコ性能」「環境性能」です。このアルトにも「エネチャージ」「アイドリングストップ」といったテクノロジーが投入されています。こうした名前はCMなどで耳にしたことがあると思います。しかし、耳にするだけでそれが具体的にどんなものなのかはご存じないかもしれません。

 

・エネチャージとは
エネチャージは「減速時に発生する発電し、無駄な燃料消費を抑える」機能です。クルマはアクセルを踏んでいる時、燃料を消費しています。しかし、アクセルを離したからといって、いきなりクルマがぴたりと止まる訳ではありません。これを「慣性」と言います。

 

この慣性エネルギーを無駄にせず、電気エネルギーに変換、バッテリーに貯蔵します。この貯められた電気はヘッドライトやエアコンといった電力部分に回されます。というのも小さいエンジンで電力を生み出すには燃料を多く消費するからです。「エンジンによる発電を抑えムダな燃料消費を減らす」これがエネチャージの目的です。

・アイドリングストップとは

これは知っている方も多いかもしれません。というのもトラックなどの商業車には以前から搭載されているからです。アイドリングストップは「時速13km以下でガソリンを使わず、停止時にエンジンがストップする機能」です。

 

これもやはり無駄なガソリン消費を抑えるために採用されています。最近は技術の進歩によりエンジンの再始動もスムーズです。エンジンの再始動はブレーキを離すか、ハンドルを動かすだけ。交差点での発進も安心です。

 

エネチャージやアイドリングストップといった技術により、燃費は2WD・CVTモデルで37.7km/L(JC08モード)をマークしています。ちなみに前述した新型プラットフォームがこの燃費性能にも寄与しています。新型アルトは各パーツに軽量な樹脂を採用し、前のモデルに比べて60kgも軽量になっています。

 

まとめ

今回は新型8代目アルトについて解説しました。新型プラットフォームにより実現した高剛性と軽量化が、アルトを低燃費と本格的な走りを生み出しています。価格帯は84~124万円と抑えられており、きっと値段以上の価値を見いだせます。

 

普段使いのお母さんから走りを楽しみたい若者まで、乗る人次第で色々魅力を引き出せるクルマです。

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る