新型スープラ、新型S2000、新型WRX STI 注目の国産2Lターボ車の内容は?

スポンサー リンク
ケイマン

 

スポーツカーといえばかつては大排気車が当たり前でした。しかしダウンサイジングの波を受けて、 ポルシェ718ケイマンやベンツAMG A45、ゴルフR、ルノーメガーヌなど多くのメーカーから2L4気筒ターボ車が発売されています。

 

ここで気がかりなのは日本車の少なさです。ダウンサイジングターボはもともと欧州で生まれたトレンド。その間、日本はハイブリッドに傾注していました。2LターボといえばかつてはランサーエボリューションやインプレッサSTIなどラリー上がりの日本車が牽引したカテゴリーでしたが、現在のトレンドは高級感もあるプレミアムスポーツ。日本メーカーは流れに乗り遅れた形です。

 

しかし、ここにきてトヨタ、ホンダ、スバルなど各メーカーから2Lターボのスポーツカーが発表され始めました。そこで今回はこれから注目き国産の2Lターボスポーツカーを紹介します。

 

トヨタ「新型スープラ」

新型スープラ

 

スープラといえば、かつて一世を風靡したトヨタのFRスポーツ。復活の声は以前からありましたが、BMWとの共同開発という形で実現しました。ロードスターとしてBMW「Z5」クーペとしてトヨタ「スープラ」という住み分けをしています。

 

トップグレードは3LのV6ツインターボですが、販売のメインは2Li直4ターボ。200psと252psの2種類が用意されます。ミッションは全車ATで、ZF製の

8速ATが採用されてる見通しです。

 

スバル「新型WRX STI」

新型WRX STI

 

WRX STIはかつてのインプレッサSTIに相当します。ダウンサイジングターボのトレンド以前から続くの2Lターボ車の代表的存在です。

 

25年という長きにわたって改良されつつ採用されてきたEJ20エンジンから、FA20型に変わるといわれていますが、こちらもやはり2Lターボエンジン。今話題のインプレッサから採用された新型プラットフォーム「SGP」を採用し、走りの質が大きく向上するのは間違いありません。

 

ホンダ「S2000」

s2000

 

こちらも名前の通り、2Lターボを搭載。初代のFRからミッドシップ車に変わり、「ミニNSX」的存在になる予定。新型NSXも軽スポーツのS660もミッドシップ。そこで培った技術が生かされるのは間違いありません。

 

搭載されるエンジンはK20C型。欧州メインで販売されているスポーカー「シビックタイプR」のFK2型よりもさらにばワーアップが図られスペックは350ps/42.0kgmにもなるという噂。

 

以上、これから発売される国産2Lターボ車でした。それぞれの車種についてはさらに詳しい情報が明らかになり次第、またお伝えしたいと思います。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る