新型セレナの内装レビュー(2)超ロングスライド可能なシートについて

スポンサー リンク
新型セレナ

8月に発売された新型セレナ。家族向けのミニバンとして優れた居住性を有しています。そこで今回はセレナの内装を詳しく解説します。

 

1列目シート

新型セレナ

 

セレナのメイングレードはジャガード織物とトリコットのコンビシートを標準装備。背もたれは中折れ形状で、体にフィットするように作られています。また運転席は30mmの高さ調節が可能。ステアリングもチルト&テレスコピック調整がつき、幅広い体型のドライバーにアジャストできるようになっています。複数ドライバーによる運転が想定される、ミニバンらしい用意です。

 

2列目シート

新型セレナ

2列目シート最大の目玉は570mmの稼働幅もある超ロングスライドシート。横スライド機能も採用し、横にずらせば3列目シートからの乗り降り簡単になりました。スライド部分はベアリングで、動かしやすくできています。また足元だけでなく頭上空間も200mmと広々。ただ5ナンバーに収めるため全幅は1700mm。大人3人が横並びになるのは少々窮屈ですしょう。中央のマルチセンターシートはアームレストになるほか、1列目まで移動可能。ウォークスルー性にも優れています。

 

3列目シート

新型セレナ

5ナンバーサイズでは狭くなりがちな3列目シートですが、セレナではスライド幅120mm。大柄な男性でも足を組める余裕があります。3列目シートはスライドドアのハンドルに手が届かないのが欠点でしたが、電動オープンスイッチを側面に用意。2列目のシートアレンジ次第では、他と変わらないくらいスムーズに乗り降りできます。

 

以下、ツイッターの反応

新型セレナの内装はかなり高評価を受けています。確かにソフトパッドやステッチ使いで見た目も良く、価格250万円〜とは思えない質感です。

 

 

現在、新型セレナについて特集しています。あわせてご覧ください。

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る