新型セレナの燃費、価格、評価は? 自動運転「プロパイロット」の実力に迫る!

スポンサー リンク
新型セレナ

さらに進化を遂げた人気ミニバン

 

8月24日に発売される5代目新型セレナ。
日産にとってセレナはドル箱モデルだけあって、
「絶対に外せない」という意気込みが感じられます。

 

そんなセレナが発売前に公開されました。

 

新型セレナ

新型セレナ

 

トヨタ「ヴェルファイア」でも採用されているいかめしい2段ヘッドライトに、
キャビンで一旦落ちてリアにかけてキックアップする伝統のウエストラインを
用いたエクステリアデザインはいかにもセレナ。

 

新型セレナ

 

インテリアに関しても
メータークラスターを低く、Aピラーを細くすることで、
これまで以上に視界と室内を広くして期待通りの仕上がりとなっています。
また人間工学を駆使し、「実際以上に広く見えるよう」こだわっているそうです。

新型セレナのキーワードは「BIG! EASY! FAN!」
大きく、使いやすく、楽しめる。
これを体現したクルマになっているのではないでしょうか。

 

では、次にシステムを見ていきましょう。

 

完全シリーズ方式も登場

 

搭載エンジンは2種類。

 

  • 直4 2LNAエンジン
  • マイルドハイブリッド
    どちらもエストロニクスCVTが組み合わされます。

 

MR20DDエンジンは12.5という高圧縮化を実現したほか、
新型ベルトテンショナーの採用、フリクションの低減などを施し
低燃費化を実現。

 

マイルドハイブリッドの燃費は
JC08モードで現行の16.0から17.2km/Lに向上しました。
(NAエンジンは15.0km/L)

 

遅れてストロングハイブリッドも登場します。
こちちは新型ノートでも噂される完全シリーズ方式。
エンジンを駆動に使わず充電専用にする仕組みです。

 

このストロングハイブリッドは開発現時点で25.0km/Lをクリアし、
発売時には26km/Lを目標にしているとのこと。
このクラスとしては驚異的な低燃費で期待大です。

 

注目の自動運転技術は?

 

そして何より最大の注目は「自動運転」です。
矢沢永吉さんの「やっちゃえ、日産」のCMでも
大きくPRされているので、実際どんなものなのか気になるところ。

 

実際に搭載される機能は以下の通り

 

・高速道路単一車線自動運転「プロパイロット」

 

先行車に対して追従走行を行い、
カーブなどのステリアング操作も行います。
時速0kmの停止状態から機能するので、渋滞時のノロノロ運転もラクになります。

 

ただ完全な手放し運転には非対応。
ステアリングから5秒以上手を離すと警告がなり、
10秒を超えると機能がオフになります。
このあたりは法律との兼ね合いもありそうですね。

 

・インテリジェントパーキングシステム

こちら現行エクストレイルに搭載されている自動駐車システムです。
ステリアング操作を自動で行うので、
ドライバーはアクセルとブレーキを操作するだけでOK。

 

この機能に使われているアラウンドモニターも進化。
クルマの周辺を動いている物体を検知できるようになりました。

 

 

 

気になる価格は?

最新の装備を惜しげもなく搭載する新型セレナ。

 

さぞ高くなるのではと心配でしたが、
日産によるとプロパイロット込みで300万円以下に抑えたい、とのこと。

 

現行モデルの売れ筋グレード「ハイウェイG」が
292万円なのでかなり頑張っています。

 

高級車に先進装備が搭載されるのは当たり前ですが、
日産はそれを一般ユーザーにも普及させようとしています。

 

自動運転が当たり前のものになれば社会は大きく変化します。
今後の日産の動向から目が離せません。

 

 

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る