新型ティグアンがフルモデルチェンジ 先代モデルからの変更点は?

スポンサー リンク
新型ティグアン

 

フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」がフルモデルチェンジを迎えました。初代ティグアンが登場したのが2007年。欧州ではコンパクトSUVとして大ヒットしました。2代目ティグアンはフォルクスワーゲンが開発した共通プラットフォーム「MQB」を採用した、初めてのSUVとして注目を浴びています。

 

ボディサイズは全長×全幅×全高=4486×1839×1632mm。60mm長く、30mm幅広くなった一方、33mm低くなったことで、以前よりもロー&ワイドでスポーティな印象になりました。

ティグアン

ティグアン

ティグアン

ティグアン

ティグアン

 

フロントマスクはセダンのパサート似、リアはエッジを立ったプレミアムな顔つきになりました。全体的にプレミアム感が増したのは市場調査の結果。今後は上位モデルのトゥアレグ、ミドルのティグアン、そして今後販売されるコンパクトSUVモデルの3ラインナップが展開されるそうです。

 

内装はフルデジタルメーターのアクティブインフォディスプレイや、ヘッドアップディスプレイなど高級車に並ぶ装備を採用。サイズアップした分、居住空間がさらに拡大しました。シートもサポート性が高く、「やや地味だが上質」というVWを体現した作りとなっています。

 

今や当たり前となった先進安全装備も充実。歩行者と衝突した場合、ボンネットが浮き上がりエンジン部に空間を作ることで、衝撃を吸収するアクティヴボンネット。歩行者モニタリング機能付きシティエマージェンシーブレーキなど、乗員だけでなく歩行者にも配慮した装備が追加されました。もちろん快適機能であるアダプティテブクルーズコントロールや、レーンチェンジアシストシステム、さらにパークアシスト機能も搭載されています。

 

日本導入モデルは1.4L TFSIガソリンエンジンを搭載した2WDモデル。最高出力125ps、最大トルク20.4kgmでトランスミッションは6速DSGです。なお、遅れてディーゼルモデルは導入予定とのこと。

 

以下、ツイッターの反応です

CX-5、アウディQ5といったミドルサイズSUVと比較している方が多いようです。VWといえば「ゴルフ」ですが、それでは直球すぎる、という方にもオススメ。もともと海外車は冒険な部分がありますが、フォルクスワーゲンは下手すると日本メーカーよりも堅実な選択肢です。

 

現在、海外車の最新モデルを特集中。合わせてご覧ください。

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る