新型ノートe-powerの評価とおすすめグレードは? 気になる燃費は37.2km/L!!

スポンサー リンク
ノートe-power

11月2日に日産から発売されたノートe-power。エンジンは発電専用に使い、モーターで駆動する「シリーズ方式ハイブリッド」を採用しています。シリーズ方式はバスやトラックには使われていますが、乗用車で採用されるのが世界でも稀。かなり注目が集まっています。

 

エンジンはノートに採用されているHR12EEの改良版。効率よく電力を生み出すように設計されています。一方、駆動に使われるモーターは電気自動車リーフと同じものを採用。信頼性は十分です。

 

日産リーフ

(日産の電気自動車リーフ)

 

電気自動車というとエコや燃費といったイメージが強いですが、実は加速性能も魅力。日産内のデータでは、発進加速と60km/hこらの再加速で2Lターボ車よりも速いとのこと。この2Lターボがどの車種なのかは明らかにされていませんが、おそらくスカイラインではないかと言われています。モーターだから遅いということはありません。

 

実際にモーターのスペックを見ると、ノートe-powerは109ps/25.9kgm。ディーゼル仕様のデミオ(105ps/25.5kgm)を上回っています。かなり期待できそうな内容です。

 

また静粛性も魅力の一つ。従来型のハイブリッド車よりもエンジンの動作時間は半分程度、またエンジン回転数を抑える独自の機能が行われているそうです。

 

気になる燃費は37.2km/L。これはハイブリッド車であるトヨタ「アクア」を超えています。しかし、実はこの数値はエアコンすらついていない、燃費だけを追求したSグレードの話。使い勝手を考えると現実的ではありません。

 

ノートe-power

 

売れ筋になるのは燃費34.0kg/LのXグレードです。価格は195万9120円。これはハイブリッドのアクアやフィットと比べてもやや高い価格設定になります。デミオが196万円ですが、あちらはプレミアムコンパクトというキャラクターがあります。

 

そうなると気になるのはノートe-powerの質感です。リーフはメカニズムにコストを圧迫されたせいか、内装はかなりプラスチッキーでした。e-powerではインテリアが一新されるとのこと。今後も詳細が分かり次第、お伝えしたいと思います。

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

 

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る