新型フリード、デザインの特徴は? 開発スタッフのこだわりを解説

スポンサー リンク
フリード

先月9月16日に発売された新型フリード。3列シートを備えたコンパクトミニバンとして高い評価を得ています。今回、注目するのはデザインについて。

 

デザインというと単なる「見た目の良さ」を意識しがちですが、クルマのような工業デザインではやや事情が異なります。たとえばサイドやリアの形状により走行中の空気抵抗は大きく変わり、それは走りや燃費に影響します。クルマの性能を高め、なおかつ見た目も美しい。工業デザインにはそうした「機能美」が求められます。

 

フリードのデザインにもそうした機能性がたくさん込められています。たとえばフロントガラスは先代よりも角度が寝かされています。ずんぐりとした先代よりも、流麗な印象です。しかしそれだけでなくフロントガラスが縦方向に大きくなることで上方視界が開け、信号待ちで見づらかった頭上の信号が視認しやすくなりました。

 

フリード

 

また逆にBピラーは先代よりも傾斜が立てられています。これは室内を行き来するウォークスルー性を高めるため。もちろんただ立たせればいいというわけではなく、空力を犠牲にしないという条件があり何度も作り直したとのこと。結果、フリードはミニバンとしてはトップクラスの空力性能を実現しています。

 

続いてインテリア。フリードのインテリアはリゾート空間をイメージ。ダッシュボード中央にある木質調パネルが、落ち着いた印象を与えています。これは現実の木にある道管をフィルムで再現しています。

 

フリード

引用元

 

助手席シートにあるトレーは、ただ凹んでいるだけではありません。置いたものを取りやすいように掘り込みが施されていたり、滑り止めや仕切りが設けられています。またスイッチ形状は女性スタッ部の意見が取り入れられ、爪がひっかからないように工夫されています。

 

 

「見た目だけの勢いを追うようなスタイリングには絶対にしたくない」フリードの開発スタッフはインタビューでそう答えています。使い勝手、使いやさ、見た目が与える安心感。フリードのデザインはそうしたすべてにおいてこだわり抜いて作られています。

 

ただいまフリード大特集中。他記事も合わせてご覧ください

新型フリードの評価は? 3列シートを備えたコンパクトミニバンの先駆け

新型フリードの評価は? 発売時期や燃費に関する最新情報をまとめました

 

 

お車の購入は水原車輌販売へ

CIMG18891

水原車両販売ではダイハツをはじめオールメーカーの新車、
そしてを様々なネットワークから仕入れた豊富な中古車を取り扱っています。
自社整備工場も完備し、メンテンナンス態勢も万全です。
低金利のオートローンも扱っており、柔軟な対応が可能。

阿賀野市(旧水原)や新潟市近辺で、
新車をご要望の際はぜひお問い合わせください。
もちろん直接のご来店もお待ちしています。

P.S

”ホームページ見たんですけど~”

といって頂ければ目いっぱいサービスさせて頂きます。
陸送可能で山形、富山など隣県の納入実績もあります。

新車販売担当:下間(しもつま)まで

TEL:0250-62-0999

スポンサー リンク

関連記事

ページ上部へ戻る